人気ブログランキング |

 今日6月19日は太宰治生誕110年だ。節目の年であるため、各地の太宰治ゆかりの地では盛り上がりを見せている。私もどこをまわろうか先月から悩み楽しみにしていたが、数週間前に会社からどうしても出勤してくれと言われ前後が仕事になってしまったので、やむを得ず近場をまわることにした。
c0316988_17194825.jpg
 船橋の老舗旅館『割烹旅館玉川』に、太宰治生誕110年を記念して文学碑が建立されたとの情報を知り、今回はそちらを訪れることにした。
c0316988_17195964.jpg
 太宰治は昭和10年(1935)7月から翌年10月までの約1年4カ月間を船橋町に住んだ。この期間のうちの20日間、玉川旅館の「桔梗の間」に宿泊したという。
c0316988_17201107.jpg
 文学碑は市民団体「船橋太宰会」が建てた。石碑の形状は、太宰の有名作品『斜陽』『人間失格』等のイメージを込めて、「人」の文字となっている。左側には、太宰が船橋時代に書いた『ダス・ゲマイネ』の冒頭部分にある『当時、私には一日一日が晩年であった。』の一文が刻まれている。右側には、『太宰治生誕百十周年記念「ダス・ゲマイネ」より』とある。
 これで少しでも船橋が太宰のゆかりの地として貴重な場所なのだということを多くの人に知ってもらいたいと願うが、ただ、太宰の船橋時代、太宰が玉川旅館に泊まったのが昭和10年7月から昭和11年10月までのいつのことなのか、なぜ妻や訪問客等がいたのに、書籍等になんの記載も残っていないのか、私にはいまだ疑問が若干残っている。宿賃を払えなかった太宰は、代わりに万年筆や辞書などを置いていったそうだが、その後の火事で焼失してないという。
 しかし真相は別として、太宰聖地巡りスポットとして、これからの若い人たちの太宰に興味を持つきっかけなどになってくれればいいと期待している。


by dazaiosamuh | 2019-06-19 17:22 | 太宰治 | Comments(2)

 今日6月13日は太宰治の命日だ。71年前の今日、太宰治と山崎富栄は夜半、三鷹・玉川上水に入水心中し果てた。
 今日はちょうど仕事が休みで、天気も良く墓参りに行きやすい。太宰が歓迎してくれているような気がして勝手に嬉しく、三鷹でレンタサイクルを借り、颯爽と太宰の眠る禅林寺へとペダルをこいだ。
c0316988_15352916.jpg
 禅林寺の墓所は午前8時から入ることができるが、私が到着したのは午前9時ちょっと前で、すでに太宰の好きだったゴールデンバットと缶コーヒーが置かれていた。私はいつも通り持参したサクランボをお供えし、太宰と一緒にバットを吸った。生誕110年。太宰が生きていたら110歳。さすがに110歳の太宰は想像できないな、などと思いながら、静かに墓を見つめているうちに、いつの間にか慣れないはずのバットを数本吸っていた。美知子夫人にも御挨拶を済ませ、山崎富栄のお墓へ向かいました。
c0316988_15352036.jpg
 山崎富栄のお墓は、江戸川橋駅から徒歩5、6分の永泉寺にある。太宰にも食べてもらった同じサクランボをお供えする。静かにひっそりと眠っている。墓石には富栄だけ命日である日付が刻まれていない。富栄が亡くなった当時、父・山崎晴弘は、娘が世間を騒がせて申し訳ない、津島家にご迷惑をおかけして申し訳ない、という責任を強く感じていた。富栄の死後、長年の間富栄の墓所が分からなかったのは、父・晴弘が永泉寺の住職に、世間には言わないようにお願いしていたからだ。山崎家も相当辛い思いであったことだろう。これらの色々な事情があり、富栄だけ命日を入れなかったのだと思われる。
 富栄のお墓参りに来るたびに、なんだか胸がしめつけられる。太宰には美知子夫人がいるが、それでも天国で仲良くやっていればいいなと思う。


by dazaiosamuh | 2019-06-13 15:38 | 太宰治 | Comments(0)

 太宰治生誕110年記念ということで、太宰にゆかりのある各地でそれぞれ記念展が開かれている。弘前も当然その一つで、弘前市立郷土文学館では、『太宰治と弘前』とスポット企画展として『今官一と太宰治の交流』の二つの企画展がある。
c0316988_20072996.jpg
『太宰治と弘前』では、官立弘前高等学校時代に藤田家に下宿生活していた際に使用していた太宰愛用の電気スタンドや、現在確認されている太宰治の最も古いとされている藤田家宛の手紙などをみることができる。藤田家での下宿生活で使用していた電気スタンドは、以前にも私は東京・三鷹での企画展で見た事があるので今回また見る機会を得て嬉しく思った。
 今官一は太宰治と同じ明治42年(1909)生れで、生涯の友であった。『桜桃忌』の命名者でもある今官一と太宰治の交流と深い絆を、この企画展であらためて感じることができる。
 太宰治生誕110年記念展『太宰治と弘前』は、今年の12月28日までとなっているが、『今官一と太宰治の交流』は、6月20日までとなっているので、興味のある方はお早めに!!6月19日には芦野公園で生誕祭もあるのでこれを機に参加してみるのもいいかもしれません。


by dazaiosamuh | 2019-06-08 20:09 | 太宰治 | Comments(0)