2018年も最後となった。今年は今までで一番太宰治の聖地めぐりや記事を書くのが捗らなかった。捗らないというよりも、単に細かいところをのぞけば、7,8割は歩いてしまっているので、残りをまわりきるのがもったいない、というのが正直な思いで、そのため敢えてゆかりの地を歩かなかったのである。(過去に歩いたがそれも敢えてまだ記事にしていないのもある)
 来年は、太宰治生誕110年ということでまだ歩いていないゆかりの地を歩こうと思う。

 さて、今日で2018年も終わりますが、来年は太宰以外にも何かしたいなと思っていて、実は前々から自分の字の汚さ、醜さには辟易していました。そこでちょっとしたことではあるが、綺麗な字で書けるように、ここは一つ来年は字の練習でもしようと思い、わざわざ今年最後の日に練習帳を買いに書店に向かいました。

 本棚を端から順に目で追っていくと、悲しいかな、すぐにある文字が目に留まり気付いたら手にとっていました。

『なぞって美文字 書いて味わう 太宰治』
c0316988_17480183.jpg
 すぐに『太宰治』の名前に反応してしまいます。
『読んでなぞって書くだけで美文字に!』
 しかもワンコインです、迷うことなくレジに向かいました。
 そういえば、丁度1年前にも太宰治作品をなぞり書きする本を買っています。あの時は今ほど自分の字を気にしていませんでした。あの時買ったのは、『なぞり書きで楽しむ太宰治』で、『走れメロス』『富嶽百景』『人間失格』『女生徒』『ヴィヨンの妻』『斜陽』『満願』『お伽草紙』『グッド・バイ』の9作品。
 そして今日買ったのも9作品収録で同じ作品は、『女生徒』『走れメロス』『富嶽百景』『斜陽』『人間失格』の5作品で、違うのは、『道化の華』『東京八景』『思い出』『駈込み訴え』の4作品があることです。
 ページ数のボリュームを比較すると少ないが、去年の方はただなぞるだけのものでした。今日買った方は、なぞる行と書き写せる空欄の行があるので実践向けで良い。まえがきにも『みなさんが書き写すのは、太宰の名場面、名文ばかりである。昔は文章修行として、文豪の作品を書き写したものだ。そのことが文章を磨くのにもっとも効果的だったからである。作家の息づかいまで感じとることができる。こんな面白いことはない。』とある。
 書き写すと言えば、ゆかりの地をまわってそれを記事にするときに、太宰治作品や関連作品の文章をただパソコンで打ち込むだけであった。
 今日購入した『なぞって美文字 書いて味わう 太宰治』を終えて少しでも文字に自信が付いたら、自分の好きな太宰作品を全文書き写すことにチャレンジしてみようと思います。文字が綺麗になることと文章力が身に付くことを願って…。(と言っても結局は自分の努力次第ですが)

 小さな目標ではあるが、続けることに意味があるので努力していきたいです。
 そういえば、来年5月の『走れメロスマラソン』に向けた練習は、現在、なぜか走るたびに右膝を必ず痛めてしまうため、10日に一度のペースになっている。いくら休んでも走ると痛めてしまう。骨盤か右足の歪み?が原因だろうか、走り方、フォームが悪いのだろうか。原因が分からない。このままではどうなるものか、原因を発見してなおさないと、まともに練習にならない。

 どうなることやら分かりませんが、来年もよろしくお願いします。よいお年を。


# by dazaiosamuh | 2018-12-31 17:50 | 太宰治 | Comments(2)