人気ブログランキング |

工藤パンの太宰治生誕110年記念パン

 5月26日に開催された、第8回走れメロスマラソンの日に太宰治生誕110年を記念して販売された、太宰治の記念パンを買って食べたので、今さらながら載せようと思います(忘れてた)

 株式会社工藤パン、創業は昭和7年4月で太宰治は23歳頃。太宰も工藤パンは食べたことがあるはず。今年の太宰生誕110年を記念して販売されたのは3種類。
c0316988_15450342.jpg
c0316988_15451356.jpg
 まずは『人間失格カステラサンド』。
 これは第8回走れメロスマラソン本番の数十分前に炭水化物をとっておこうと食べて、若干の胸やけをおこしてしまった(パンは美味しかったが、気温30度の暑さと一気食いしたせい)、ブログにも書いたパンです。広告にもあるように、単行本サイズのため思っていた以上に大きく、量が多い。結構腹持ちした記憶がある。それもあって走る前に消化しきれなかったのかもしれない。カロリーは高めだったような…。マラソンの記事には書きませんでしたが、食べてるときに保険勧誘の女性がきて、パンフレットを渡しながら、なぜか紙パックの野菜ジュースも渡してきたので、野菜ジュース飲みながら人間失格カステラサンドを食べました。今思えばこの野菜ジュースが胸やけの一番の原因だったと思われる。それにしてもなぜ野菜ジュースだったのだ…。
c0316988_15453608.jpg
c0316988_15454603.jpg
 次は、『夕日に向かって走れ!! わいはっ! 走れメロンパン』です。これはマラソンが終わって、着替えて帰る前に買って食べました。『わいはっ』が最初なんなのか分からず、店員さんに尋ねたら、津軽弁で、驚いたときなどにとっさに出る言葉で、「あらまぁ!」の意味だとか。
 ネーミング的にこっちを食べて走れば良かったかなと記事を書きながら思っています。メロンパンも大好きで、外はサクッと中はふんわりで美味しかったです。『走れメロンパン』とあるので、これを手に持って完走するのも面白かったかもしれません。
c0316988_15460674.jpg
c0316988_15461656.jpg
 最後は、津軽産ふじりんごジャムとはつみつ風味クリームが使われているイギリストースト。こちらもマラソン後に買って食べてみました。パッケージは単行本津軽ですね。食べやすさでは一番だったような。

 太宰生誕110年を記念して販売されているパンですが、いつまでの販売なのかはよく分かりません。東京では青森のアンテナショップ等に限定販売などされているみたいですが、無くなり次第終了かと思います。まだ青森でも販売しているのかも分かりません。
 そういえば、新青森駅のお土産のお店で、『如何せん、イカせんべい』をいつの間にか見かけなくなりましたが、不評だったのでしょうか。ネーミングとパッケージが個人的にツボだったので残念です。

 せっかく太宰生誕110年なので、工藤パンからもっと他にも太宰記念パンを出してもらえることを期待してます。

Commented by tarukosatoko at 2019-07-05 21:08
これ、見たかったんです、ありがとうございます。人間失格カステラサンド、走れメロンパン、津軽イギリストースト、いいですねー。工藤パンのセンス、いいですねーーー。青森にいくことがあったら、いろいろ買いたいものです。
Commented by dazaiosamuh at 2019-07-07 18:56
> tarukosatokoさん、こういう商品があると旅も楽しくなりますね。工藤パンは自由なところがあって良いですよね。これからもどんどん新商品を出してほしいです。
by dazaiosamuh | 2019-07-03 15:50 | 太宰治 | Comments(2)