人気ブログランキング |

太宰治 生誕110年 船橋玉川旅館に記念碑

 今日6月19日は太宰治生誕110年だ。節目の年であるため、各地の太宰治ゆかりの地では盛り上がりを見せている。私もどこをまわろうか先月から悩み楽しみにしていたが、数週間前に会社からどうしても出勤してくれと言われ前後が仕事になってしまったので、やむを得ず近場をまわることにした。
c0316988_17194825.jpg
 船橋の老舗旅館『割烹旅館玉川』に、太宰治生誕110年を記念して文学碑が建立されたとの情報を知り、今回はそちらを訪れることにした。
c0316988_17195964.jpg
 太宰治は昭和10年(1935)7月から翌年10月までの約1年4カ月間を船橋町に住んだ。この期間のうちの20日間、玉川旅館の「桔梗の間」に宿泊したという。
c0316988_17201107.jpg
 文学碑は市民団体「船橋太宰会」が建てた。石碑の形状は、太宰の有名作品『斜陽』『人間失格』等のイメージを込めて、「人」の文字となっている。左側には、太宰が船橋時代に書いた『ダス・ゲマイネ』の冒頭部分にある『当時、私には一日一日が晩年であった。』の一文が刻まれている。右側には、『太宰治生誕百十周年記念「ダス・ゲマイネ」より』とある。
 これで少しでも船橋が太宰のゆかりの地として貴重な場所なのだということを多くの人に知ってもらいたいと願うが、ただ、太宰の船橋時代、太宰が玉川旅館に泊まったのが昭和10年7月から昭和11年10月までのいつのことなのか、なぜ妻や訪問客等がいたのに、書籍等になんの記載も残っていないのか、私にはいまだ疑問が若干残っている。宿賃を払えなかった太宰は、代わりに万年筆や辞書などを置いていったそうだが、その後の火事で焼失してないという。
 しかし真相は別として、太宰聖地巡りスポットとして、これからの若い人たちの太宰に興味を持つきっかけなどになってくれればいいと期待している。


Commented by tarukosatoko at 2019-07-05 21:13
傾いた石碑かと思ったら、人という文字なのですね。そして太宰の文は、どれを抜き出してもかなり個性的、印象が強いです。太宰聖地巡り、次はどこかと楽しみにいています‼
Commented by dazaiosamuh at 2019-07-07 19:00
> tarukosatokoさん、太宰治のその波乱な人生から、どの文章も説得力があるというか、けっして大げさに聞こえず、読者の心に深く残りますね。
何度も読むと味がでますし、読んだ時の自分の年齢、人生経験で感じ方も変わるので面白い。
by dazaiosamuh | 2019-06-19 17:22 | 太宰治 | Comments(2)