人気ブログランキング |

第8回 走れメロスマラソン! 無事に完走!!

 26日、走れメロスマラソンに出場し無事に完走してきました。(といっても5㎞)
 前日25日に弘前を歩き、翌26日に弘前からJR五能線に乗り、五所川原駅で津軽鉄道に乗り換えて金木へ向かいました。
 早めに到着したため、会場である金木小学校は準備に追われている最中で、忙しく準備をするスタッフを尻目に更衣室へ向かい準備を整える。着替えてゼッケンやランナーズチップを装着したり、準備体操などしているうちにぞくぞくとランナー達が集まって来て、9時過ぎに開会式が始まり、まず最初に10時より10㎞の部がスタート。
c0316988_17430391.jpg
 気温30度超えという暑さのため、10㎞ランナー達のスタートを見届けている間に、すでに全身汗だく状態となる。この暑さのなか、スタート前にグラウンドを走って体を慣らすランナー達がいたが、とてもそんな気にはなれず日陰で休む。開会式で来賓のある方が、今日は非常に気温が高いため、無理をせず、ダメだと思ったらメロスのように勇気をもって辞退してくださいと呼びかけていたのが印象的であった。
c0316988_17434722.jpg
 写真は5㎞の部スタート直前。
 そうしているうちにいよいよ5㎞の部が10時20分よりスタート。実はこの時点ですでに喉が少し乾いており、若干の不安があった。さらに40分ほど前に会場の出店ブースで工藤パン屋の太宰治生誕110年記念パンの『人間失格 カステラサンド イギリストースト風』を食べたせいで胸やけがしないでもない。それでも走りだしたら思っていたよりも喉の渇きもなく胸やけもおさまったが、今度はウェストポーチの揺れが酷く、邪魔でしょうがなかった。ポーチにはデジカメ、携帯電話、小銭を入れていたが、上下に揺れるわ横にズレてくるわ小銭はチャリンチャリンうるさいわで走ることに集中できなかった。練習では一度もポーチをつけたことがなかったため、試しておけばよかったと走りながら後悔したが後の祭。最初は手で押さえながら走っていたが、途中、やけくそになり揺れを気にせず無視して走る事にした。3㎞ぐらいまでこんなくだらない格闘を一人でやり、ようやく調子がでてきて、一人、二人と抜いていき、ゴールしたら5㎞男子39歳以下の部で41人中15位以内に入ることができ、無事、走り切ることができた。
c0316988_17443830.jpg
 写真は会場準備中の時。
 走っていて心強かったのは、沿道で応援してくれる地元の人々の心からの声援で、無事にゴールできたのも地元の人々のおかげだと思います。「ガンバレー!」「もう少しでゴールだ!」これが一番の励みでした。
れだから、走るのだ。信じられているから走るのだ。間に合う、間に合わぬは問題ではないのだ。人の命も問題ではないのだ。私は、なんだか、もっと恐ろしく大きいものの為に走っているのだ。』(走れメロス)
 走っている時、地元の人のなかには自宅の庭の水道管にホースをつないで、走るランナーにシャワーをかけてくれた人もいました。太宰の故郷なだけあって、この走れメロスマラソンには地元の人々も協力的で、メロス愛、太宰治愛を感じました。
 ゴール後に無料で配られたシジミ汁が疲れた身体に沁みて美味しかった。完走証も貰うことができ良い記念になりました。

 今回、気温が30度を超える中(青森の最高気温は33度だったようです)、無事に目標である完走を達成することができました。今回の反省などをふまえて、これからもできるかぎり毎年『走れメロスマラソン』に参加していきたいと思います。


Commented by tarukosatoko at 2019-06-15 01:12
すごい‼
特別に暑くなった日にあったのてすね。
完走おめでとうございます。
走れメロスマラソンという発想がおもしろいし、沿道の人が歓迎してくれているようなのが、いいですね。

工藤パンと言えば、「シベリア」という菓子パンがあるパンメーカーですね。「人間失格カステラサンド」というネーミングがまた、いいですね‼
Commented by dazaiosamuh at 2019-06-17 19:09
> tarukosatokoさん、本当にこの日は暑くて、走る前から汗だく状態でした。目標の完走を達成できたので良かったです。来年は、10キロかハーフに挑戦したいです。

「人間失格カステラサンド」はなかなかのボリュームでした。完全にネーミングに釣られて買ったようなもんです(笑)
by dazaiosamuh | 2019-05-27 17:50 | 太宰治 | Comments(2)