内観とは?太宰治が内観を体験したら日本近代文学史は変わっていた!?

 去年の夏、太宰治ゆかりの地を歩くために1泊2日で甲府を訪れ、某ホテルへ泊まった。猛暑で歩き疲れたためベッドでぐったりと横になっていた時、備え付けのテーブルの上に置いてあった冊子に目がいった。
c0316988_13250846.jpg
 内観体験記。内観?
 内観とは何でしょう。何気なくその冊子を開き1行目を読むと…
もしも、太宰治が「内観」を体験していたら、日本の近代文学史は変わっていたろう。ヒトラーがしていたら人類の歴史は違ったものになっていたろう。六月末からの一週間、奈良・大和・郡山で内観を体験して、そう思った。太宰はおそらく、その才能と感受性とで、人の心を根こそぎ揺り動かす種類の「文豪」になっていたかもしれないし、ヒトラーの演説は狂気をあおるのではなく、チャップリンの映画『独裁者』そのままに人への愛を説いただろう……

 このような出だしで始まり、冊子のタイトルにもなっているようにある新聞記者の内観体験記が書かれているが、『内観』という言葉を初めて聞いたことと、なぜか冊子の表紙の雰囲気などから怪しい宗教の勧誘なのかと偏見の眼で訝ってしまったが、『内観』とは、『内観療法』という精神療法(心理療法)のことで、すでに1960年代から精神医療現場で導入され、また国際的な評価も得ており、2003年には国際内観療法学会も設立されている。
 では、内観の目的と効果はというと、
 自分自身で自己探求を行い、過去の自分の振る舞いや行いを振り返り、『気づき』を得ることにより自己を確立させる。自己の探究を続けることによって、ある出来事についての新しい見方や事実に気づき、物事の捉え方、考え方に変化が現れるようになる。
 効果の例として、情緒が安定した、思いやりが生れた、責任感が芽生えた、対人関係が好転した、意欲が向上したなどがある。
 これにより、自分や他者への理解・信頼が高まり、自己の存在価値や責任を自覚することによって社会生活の改善につながったり、また何か苦しい状況に置かれたとき、自分の人生を肯定的に捉えられるような、根本的な考え方の変化を得る事ができる。

 少し難しいですね。これは心・精神の安定を得るためということでしょうか。結果として、人間関係の不和、不登校、非行、鬱、アルコール依存症、心身症、摂食障害、神経症、ギャンブル依存症などの精神疾患に対する症状改善もすることがあるとのこと。

 そして内観療法の方法はというと、
 母、父、兄弟、自分の身近な人に対しての今までの関わりを順番に、①してもらったこと(世話になったこと) ②して返したこと ③迷惑をかけたこと の3点について、具体的な事実を思い出し、調べます。これを、小学校、中学校、高校時代…と年代順に思い出し調べていきます。母、父、兄弟…と順に行い、一通り終わったらまた母に戻り…これを繰り返します。
 その結果、上記に述べたような効果、結果が得られるようです。必ずしも絶対に改善するというわけではないようですが、後から効果が見られたり、焦らず根気よく続けることによって変化が現れることもあるようです。
 たしかに私も幼い日の記憶を思い出しているときに、思い出したことのない新たな記憶がよみがえり、はっとしたことがあります。また過去の自分のおこないを振り返ったときに、なぜ自分はあの時、あんな行動を取ったのだろうと、その時の自分の感情を探ぐり、今の自分に活かそうとしたこともあります。おそらく内観とはこれを本格的に一定期間を通して集中して行い、前向きに人生を生きられるようアイデンティティーを確立するためのものだと思います。
 たしかにこの内観を太宰治が行い、何かしらの効果を得ることができたら、作品はまるっきり違ったものに変化したことでしょう。しかし、太宰治が内観の効果により、酒、煙草を断ち、自殺未遂、心中未遂も行わず、愛人も作らず、それこそ人間関係から自身の人生においても健全なものとなっていたら、それはそれで良い作品を残したかもしれませんが、悪い意味で何にも面白味もない作品ばかりを書く作家になっていたかもしれません。どちらも否定はできないですね。『人間失格』ではなく、『人間合格』を書いていたかもしれません。

 内観に興味のある方は是非自分で調べてみて下さい。


by dazaiosamuh | 2018-11-21 13:29 | 太宰治 | Comments(0)