太宰治と甲府 №3 太宰が逗留した『旅館明治』 その①

甲府市のすぐ近くに、湯村という温泉部落があって、そこのお湯が皮膚病に特効を有する由を聞いたので、家内をして毎日、湯村へ通わせることにした。』(美少女)

 太宰が書いた短編『美少女』の舞台となったとされる旅館明治は、湯村温泉旅館協同組合館から徒歩で僅か1,2分先にある。太宰が甲府の湯村温泉郷を始めて訪れたのは昭和14年6月頃だったとされている。この時、旅館明治も初めて訪れたとされる。更に昭和17年2月、旅館明治に滞在して『正義と微笑』を執筆。翌年昭和18年3月には、再び湯村の旅館明治に滞在し、『右大臣実朝』を執筆している。
c0316988_17012486.jpg
c0316988_17020017.jpg
『太宰治の宿 明治』とある。こういうのを見ると、太宰ゆかりの地に来たなあ、という実感が更に湧く。
c0316988_17023667.jpg
 旅館の中へ入ると、協同組合館・ゆかりの人物資料室の等身大の太宰治と同じポーズの太宰治がお出迎えしてくれる。
c0316988_17031416.jpg
 すぐ横には太宰治資料室がある。甲府での太宰治に関する資料が多く展示されている。太宰治次女・故津島佑子が旅館明治を訪れた際の記念の直筆サインが飾られていた。日付は1994年2月。大雪の日に訪れたようだ。
 この資料室で、太宰の甲府市でのゆかりの地について、太宰が訪れた場所の住所などもボードに記載されていたり、ガイドブックやパンフレットなどから、多くの情報を得ることができた。
 受付で貰った旅館明治について記載された3つ折りのパンフレットには、当時太宰が旅館明治で執筆した部屋の写真が載っており、『太宰は向って左主屋の一番二番の両室を占拠(?)して執筆していました。現在の「双葉」の間がその室にあたります。今はまわりに建物が出来たために見通しが悪くなってしまいましたが、当時は三方が開けていて、もっとも眺望の良い室でした。執筆は明るい二番の室で行い、床の間のある一番で寝起きしていました。太宰は朝寝坊だったらしいのですが、朝起きると必ず袴を着けて室に居たといいますから説通りかなりハイカラだったわけです。
 当館の者は最初は小説家とは知らず、係の者に聞くと何か書き物をしているとうのでかなり後になってわかったのです。
 たまには散歩に出ましたが訪問者もなく、殆ど一日中部屋に閉じこもって執筆していました。

 訪問者もなく、とあるが昭和17年2月に『正義と微笑』を執筆していた頃、弟子の堤重久が甲府を訪れ、さらに太宰の借りている旅館明治の部屋にまで訪れている。
甲府に着いた。まだ動いてる車窓から、改札口の向側に突立って、漠然とこちらを眺めている、のっぽの太宰さんが見えた。カーキ色の国民服が、幅を利かせてきた時節であったが、太宰さんはまだ、下駄履きの和服姿であった…(中略)…「『正義と微笑』順調のようですね。」「うん、なんていうのかなあ、すらすら、すらすらかけるんだね。そろそろ、おれも、脂ののる年頃になった感じだね」…(中略)…今度はバスに乗って、湯村の旅館にいった。十二、三日前から、太宰さんが仕事をしている宿屋で、湧湯があるとのことだった。二階の、太宰さんが借りている、正面の座敷に入って坐ると、手摺越しに、甲斐の山波が見えた。遠い山は薄蒼く、近い山は濃淡の緑を見せて、三方を取囲んでいた。』(堤重久著 『太宰治との七年間』)

 太宰が旅館明治に宿泊していたことを知る、貴重な証言です。太宰は二部屋を借りていたとのことですが、旅館のパンフレットには『当時の宿泊料金は一泊二円、昼食席料は一円でしたが、太宰は二円五十銭で泊り、帰りには現金で払ったのですから、生活が苦しかったとはいえ、一般の人よりは贅沢ではなかったかと思われます。』とある。二部屋を2円50銭で借りたのか、それとも一部屋につき2円50銭で借りたのか、どちらだったのでしょう。どちらにしても、普通の人よりはやはり贅沢だったようです。

 太宰がこの旅館で執筆した作品は『正義と微笑』『右大臣実朝』の2作品になります。

 次回も旅館明治について書きます。




by dazaiosamuh | 2018-01-11 17:07 | 太宰治 | Comments(0)