田部あつみと東京 番外編 市村座を偲ぶ稲荷社

 前回、田部あつみと高面順三が観劇した市村座跡を載せた。市村座のあった場所は、もはや何ら面影を残さない、ビルばかりが立ち並ぶ地と変貌していた。しかし、その裏手にはひそかに同じ時代を共にし、しかも焼失を免れた稲荷社が再建されていた。
c0316988_19171742.jpg
 裏手に回ると、じめじめとした人気のない路地があった。その片隅にひっそりと小さな稲荷社があった。訪れるまではまったく知らなかったが、市村座跡の説明版に、『明治二十七年再建の劇場は煉瓦作造り三階建てで、その舞台では、六世尾上菊五郎・初代中村吉右衛門らの人気役者が上演した。いわゆる菊五郎・吉右衛門の二長町時代を現出し、満都の人気を集めた。しかし、その面影を伝えるものはほとんどなく、この裏手に菊五郎・吉右衛門が信仰したという、千代田稲荷社が現存する程度である。』と記載され、これによって裏手に稲荷社があることを知ったのであった。
c0316988_19180243.jpg
 千代田稲荷社の歴史は古く、はじまりは長禄元年(1457年)で、碑の後半部分だけ引き抜くが、『明治二十五年、最後まで猿若町に留っていた市村座が下谷二長町に移転、二十七年近代建築に再建され、千代田稲荷も座の守護神として正面表口に祀られた。以後、市村座と興亡を共にしたが、昭和七年市村座の焼失時に奇しくも類焼をまぬがれたため、千代田会有志により現在地に再建され今日に至った。』とある。
c0316988_19183380.jpg
 市村座で人気を博した菊五郎・吉右衛門が信仰したこの千代田稲荷社だけが、唯一、本当に当時ここに市村座があったことを物語っているようだ。そして、後ろから市村座跡をそっと見守っているかのように見える。

by dazaiosamuh | 2016-10-30 19:24 | 太宰治 | Comments(0)