田部あつみと広島 №2 あつみのお墓は教専寺?

 西広島駅から田部あつみの眠る教専寺のある草津駅までは広電に乗り換えて向かいました。
梅林は地元ではウメヤマといったが、ウメヤマの山すそにある教専寺は、草津で一番大きな寺である。能美からきた島吉とシナは、教専寺のすぐ前で花屋を開いた。あつみの三人の姉たちは、みんなこの草津で生れている。』(太宰治 七里ヶ浜心中
c0316988_16042017.jpg
 駅に降り立つと、とても長閑な印象を受けました。ここから教専寺までは徒歩1,2分と近く、方向音痴の私でもすぐに発見できました。周辺に地図看板があったので一応載せます。
c0316988_16050653.jpg
 教専寺に行く途中で花屋があったので、花と線香を買い求めると店の女性が、「どちらの寺まで?」と尋ねるので、「すぐそこの教専寺です」と答えると「じゃあ、線香に火をつけていったほうが早いわね」と言い、線香に火をつけました。私も、まあいいかと、この時は田部あつみのお墓が必ずあるものだと思っていたので、なんの疑問も抱かずに寺へ向かったのですが……。
c0316988_16043738.jpg
薄幸な女性田部あつみの遺骨は、広島市郊外の菩提寺に埋葬された。墓碑には田部シメ子の俗名も戒名も刻まれていないが、菩提寺の過去帳には、「昭和五年十一月二十八日、釈妙晃信女、島吉ノ子、田部シメ子、十九歳」とある。十九歳というのは数え年であるから、今の満年齢なら十七歳である。あと五日経てば、満十八歳の誕生日を祝える直前であった。あつみの遺骨が埋葬されるとき、順三の要望もあって、遺骨を半分に分け、順三が自分の故郷に持ち帰って納骨したという。』(太宰治 七里ヶ浜心中

あつみの亡骸は検死ののち、高面順三が立ち会って荼毘に付し、数日後、順三が遺骨を広島へ持ち帰って、草津の教専寺に埋葬した。』(太宰治文学アルバム 女性編

 教専寺へ到着し、さっそく墓所へ向かったのですが、いくら探しても見当たりません。うろうろと墓所を2周、3周といくら探してみても、まったくないのです。そうしているうちに、線香はどんどんボロボロと崩れて手に落ちては、「あちちっ、あちちっ」と一人で阿保なことをしています。生憎まわりに人が居なかったので良かったですが、花と火のついた線香を持って「あちちっ」と言いながら墓所を歩き回る姿は傍から見たら滑稽だったと思います。
c0316988_16051628.jpg
 仕方がなく、私はお寺の人に尋ねることにし、線香は止むを得ず何もない地面に仮置きし、花だけ持って本堂の表の方へ行き、寺の関係者らしき女性がいたので事情を説明し田部あつみのお墓参りにきた旨を伝えると、「あ、田部家のお墓ですね。申し訳ございませんが、お墓は親族が別のお寺に移してしまって、ここ(教専寺)にはもう無いんです。」と言われました。ショックで私は数秒間、返答できませんでした。せっかくここまで来たのに、線香に火をつけて墓所を右往左往した自分が馬鹿である。本物の馬鹿である。女性に「じゃあ、その移動先のお寺はどこですか、どこなのですか?」とまるで縋りつくかのような勢いで尋ねると、「いやあ、移したお寺までは分かりません」
 私はただ小声で「あ、そうなのですか…」と答えるのがやっとでした。その時、手に花を持っていたことに自分で気づき、「あ、すみません、この花…どうしたらいいでしょうか」と言うと、じゃあ折角なのでこちらで頂きますよと言ってくれたので、私もお願いします、忙しいところすみませんでした、ありがとうございましたとお礼を言い、その場を去りました。
 また墓所へ向かい、先ほど地面に仮置きしていた線香を「これ、どうしよう」と茫然と眺めていましたが、まさか先ほどの女性に火のついた線香を「これもお願いします」と言うのも、なんだか恥ずかしかったので、周りを見渡し、無礼を承知で近くにあった大きな立派なお墓にお線香を立てました。
 手を合わせ、心の中で「名も知らなければ、何の縁もございませんが、安らかに眠ってください」と。

 長篠康一郎の著書、『太宰治 七里ヶ浜心中』『太宰治文学アルバム』『太宰治文学アルバム 女性編』に、田部あつみの墓が草津の教専寺にあることが写真付きで記載されている。その3冊は昭和56年から57年にかけて出版されたもので、相当古い情報で、この情報を鵜呑みにしてしまった私もいけなかったが、如何せんそれ以外に情報がないのである。田部家の墓がいつ頃に別のお寺へ移されたのかを、私はあの時ショックのあまり女性に訊きそびれてしまった。
c0316988_16045389.jpg
 残念であった。是非とも田部あつみにご挨拶してからゆかりの地を歩きたかったが、仕方が無い。ちなみに、この教専寺は原爆を耐えぬいたようです。すごいですね。
 次回へ続きます。
 

Commented by tarukosatoko at 2016-07-29 23:01
おお、広島まで。活動されていますね。広島で線香を持って歩き回られたとのこと、面白く読ませていただきましたよ。お墓をうつしたのは子孫の方たちだったのでしょうか。
しかし、広島の人なのに、太宰に出会い、心中してしまうとは、運命としかいいようがありません。
太宰の本を読んでいくと、心中する女性の気持ちも理解できる気がしました。
Commented by dazaiosamuh at 2016-07-30 20:03
> tarukosatokoさん、お墓を別にお寺にうつしたのは子孫だと思います。それにしても残念でした。
太宰と出会っていなければ、どんな人生を送っていたのでしょうね。運命とは不思議なものです。
by dazaiosamuh | 2016-07-28 16:23 | 太宰治 | Comments(2)