太宰治のモノマネ №7 三鷹・玉川上水 その⑥

 最後は、同じく玉川上水での写真で座っているポーズになります。太宰は切なそうな表情で、ゆるく流れる玉川を眺めていますね。私はその太宰の憂いを帯びたような表情を作ることがなかなかできず、ただ不貞腐れたような表情になってしまっています。
c0316988_18135097.jpg
 太宰の玉川上水の写真を見て、ふと、あれっ、と思った人も居ると思います。太宰は立ち姿の写真数枚は、マントを着ていますね。しかし、座っている写真はマントは着ていません。
 これは、同じ場所で一度に撮ったものではないからです。撮った順番は、玉川上水の岸辺に座り込んでいる写真が3カット、次に陸橋が5カット、そしてどうやら撮影の合間に休憩を挟んで、『千草』で軽く飲み、喉を潤してからまた玉川上水へ。そして玉川上水でマント姿で3カット。その後、駅前の踏切前で3カット、古本屋で3カット、最後は山崎富栄の下宿先であり、太宰が死ぬ間際まで仕事をしていた部屋で5カットとなっているようです。
 撮影者の田村茂も、まさか撮った場所で心中してしまうなんて思ってもみなかったと思います。その時の太宰の様子等はどうだったのでしょうね。
c0316988_18140529.jpg
 白黒版も載せます。白黒の方がそれらしく見えますね。
 着物でのモノマネの記事は、一応今回で最後になります。また後で時間があるときに着物を着て、太宰のゆかりの地で色々写真を撮ろうと思います。

Commented by tarukosatoko at 2016-05-31 16:22
玉川上水、話には聞いていましたが、本当に、今は細くて水が少なそうですね。
お天気がよくて、dazaiさん、とってものどかで、楽しそうで、いい雰囲気に見えてしまいます。白黒だと、それらしくなっていますね。
Commented by dazaiosamuh at 2016-06-01 17:14
> tarukosatokoさん、実は人生初のコスプレです。きっかけは友人の勧めでゆかりの地を歩くようになり、まさかコスプレまでするとは自分でも思ってもみませんでした。これがやってみると中々面白いです!!
 さとこさんも、好きな作家やフィギュアスケート選手のゆかりの地をまわって見るのもいいかもしれません。楽しいですよ!!
 ただ、さとこさんは家庭を持っているから難しいかな……。
by dazaiosamuh | 2016-05-30 18:15 | 太宰治 | Comments(2)