太宰治のモノマネ №4 三鷹・陸橋 その③

 似たような写真になりますが引き続き載せていきます。今回はほぼ真横から撮った写真です。太宰のほぼ真横の写真を見ると、肩の位置と顔の位置がかなりずれており、相当な猫背の姿勢だったのか、わざと肩を上にあげたのか、独特なポーズになっています。真似するのがなかなか難しい写真の1枚です。
c0316988_19122533.jpg
 ただ単に真横から撮るだけなら簡単なのですが、その太宰の肩の張った体勢がかなり難しいです。私は小柄で160cmくらいしかないのですが、太宰は175,6cmほどあったようなので、太宰は橋の手摺に右腕を置き、そこに体重をかけているのであのような姿勢ができたのだと思うのですが、私は背が低いため、右腕を置くと猫背のような姿勢は難しく、無理にでも顔を前面に押し出さないと同じ写真にはできません。かと言って、それをやると不自然な写真になってしまいます。なので若干違いますが、これが自然な写真でしっくりくると思います。
 それと気になったことがありますが、太宰の写真を見ると、太宰の着ているマントは自身の身の丈よりも大きめのサイズを着ていると思います。私はピッタリのSサイズですが、太宰は2Lサイズでしょうか?

 太宰の陸橋の写真は、心中して亡くなる約4カ月前の写真になりますが、一体どのような思いで、橋の上から景色を眺め、写真を撮られたのでしょうか。今となっては誰にも分かりませんね。

by dazaiosamuh | 2016-05-15 19:15 | 太宰治 | Comments(0)