太宰治と同時代を生きた高見順! 福井県ふるさと文学館 №2 バー・ルパンが!!

 ここ福井ふるさと文学館には、ここだけにしかない高見順の詩をモチーフにした『おそろしいものが』の自動で動く人形劇がありますが、なかなか凝った作りで見応えがありました。わかりやすくて、何気に一番印象に残っています。
 高見順は、明治から続く自然主義の文学表現に疑問を呈し、「饒舌体」とよばれる独自の文体で創作を続け、晩年は日本近代文学館の設立に尽瘁し、昭和40年(1965)に亡くなりました。
 さて、前回の続きでふるさと文学館の一番奥にある映像コーナーが、見覚えのある場所に変わっていたのですが、何と東京銀座にある、バー・ルパンがパネルにより再現されていました。
c0316988_20523723.jpg
 横にはバー・ルパンで撮られた太宰治の大きな写真のパネルがあります。そしてパネルにより再現されたルパンの手前には、ポーズを取れ、と言わんばかりの簡易なイスが3つ置かれていますね。
c0316988_20524995.jpg
 さりげなく看板も再現されていますね。太宰とルパンのパネルについつい目がいってしまうため、看板に気づいたのは写真を撮り終えてからでした。
 訪れた時、客は私一人しか居らず、ほぼ貸し切りのような状態でした。暇を持て余していたのか、スタッフの女性が「よかったら写真をお撮りしましょうか」と声を掛けてくれたので、それに甘えて記念に写真を撮りました。
c0316988_20525931.jpg
 ちょっと地味でパッとしませんね。前にバー・ルパンでモノマネした写真を載せた記事を書いていますので(2014年6月28日の記事)、見比べてみてください。

 福井県ふるさと文学館は、当然ですが主に福井にゆかりのある作家がメインに展示してあり、福井と太宰は直接の関係はないのですが、なぜ太宰のバー・ルパンでの再現されたコーナーがあったのでしょうか、特に意味はないのでしょうか。もしかしたら館長が太宰好きなのかもしれませんね。
 さっとではありましたが福井の記事はこれで終わりです。それでは皆様、良いお年を!!

by dazaiosamuh | 2015-12-31 20:57 | 太宰治 | Comments(0)