太宰治の友 織田作之助の大阪 №12 楞厳寺で眠るオダサクのお墓

 高校を退学後、オダサクは作品を書きつつ昭和14年(1939)、宮田一枝と結婚。日本工業新聞社に入社するも翌年には辞職。その後、昭和19年(1944)に最愛の妻・一枝が子宮がんで亡くなってしまう。昭和21年(1946)に声楽家笹田和子と結婚し笹田家に同居したが、10日ばかりで義兄竹中方に帰る。この年の11月に、東京銀座のバー・ルパンで太宰、安吾らと座談会で知り合うが、12月に結核による大量の喀血を起こし、東京病院(現・東京慈恵会医科大学附属病院)に入院する。
c0316988_10164866.jpg
 オダサクの眠る楞厳寺は、高津高校から徒歩で僅か数分の場所にあった。私が訪れたときは、人通りも少なくお寺もがらんとしていた。
 オダサクの病状は一進一退を繰り返すが、徐々に悪化し、年が明けて昭和22年1月10日、午後7時10分に永眠。楞厳寺で告別式をおこない、同寺に葬られた。
c0316988_10165738.jpg
 立派なお墓ですね。ここでオダサクは最愛の妻・一枝と共に眠っています。なぜか私はお墓の前に立つと緊張してしまいます。オダサクなら「よう来たな」と言ってくれるでしょうか。

 太宰治は『織田君の死』というタイトルで文を昭和22年1月13日に東京新聞に寄せている。
織田君は死ぬ気でいたのである。私は織田君の短編小説を二つ通読した事があるきりで、また、逢ったのも、二度、それもつい一箇月ほど前に、はじめて逢ったばかりで、かくべつ深い附合いがあったわけではない。
 しかし、織田君の哀しさを、私はたいていの人よりも、はるかに深く感知していたつもりであった。
 はじめて彼と銀座で逢い、「なんてまあ哀しい男だろう」と思い、私も、つらくてかなわなかった。彼の行く手には、死の壁以外に何も無いのが、ありありと見える心地がしたからだ。
 こいつは、死ぬ気だ。しかし、おれには、どう仕様もない。先輩らしい忠告なんて、いやらしい偽善だ。ただ、見ているより外は無い。(中略)
 彼のことたびの急逝は、彼の哀しい最後の抗議の詩であった。
 織田君! 君は、よくやった。


 太宰が『死の壁以外に何も無いのが、ありありと見える心地がした』と思ったのも無理もない。なぜなら、ルパンでの座談会で写真家の林忠彦も『チラッチラッと気になって見ていると、やたらに咳き込む。ハンカチにパッと咳き込んで痰をだすと、血痰が出ているように見えたんですね。あっこれはいけねぇな、と思いました。この作家は、あんまり長くないから撮っておかなければ、と思いました。』(文士の時代)と死の近いことを感じとっていたのだ。
 太宰の言うとおり、この時点ですでにオダサクの病状はどうしようもない状態まで来ていたのだと思います。
 もともと林忠彦はオダサクを撮るために来ていた。たまたま太宰が「俺も撮れよ」なんて言い、この場で初めて、最近流行の太宰治だと聞き、最後の1枚を太宰に使ったのだ。オダサクのおかげで太宰のルパンでの有名な写真が生まれたのだ。オダサクには感謝しています。

 もしかしたら、空の上で太宰、オダサク、安吾の3人でたまには座談会でもやっているかもしれませんね。
 オダサクの大阪は、これで終了になります。


by dazaiosamuh | 2015-12-19 09:32 | 太宰治 | Comments(0)