太宰治の友 織田作之助の大阪 №1 名物カレー『自由軒』

 太宰治と織田作之助、坂口安吾が銀座のバー・ルパンで写っている写真は有名だが、太宰と織田作之助は交流自体はほとんど無かった。太宰は『もの思う葦』に織田作之助と会ったのは二度、と書いている。それも死ぬ一箇月前に初めて出会った。
 しかし、バー・ルパンで当時、写真家の林忠彦は織田作之助をメインに撮っていた。それどころか太宰治のことなど知らず、太宰から「織田作ばっかり撮らないで、俺も撮れよ」と言われ、そばにいた編集者から、今評判が上ってきている作家・太宰治だ、と言われ、残り一回分しか撮れないカメラのシャッターをおろしたのだ。
 つまり、織田作之助がいたおかげでルパンでの有名な太宰の写真が生まれたということだ。
 私は大阪を訪れたことがなく、いつか一人旅に出たいと思っていたので、そんな理由もあり、今回は太宰、安吾と共に「無頼派」と呼ばれた織田作之助、通称「オダサク」のゆかりの地を少しではあるが歩いてみることにした。
c0316988_14003206.jpg
 お腹が空いていたので、難波にあるオダサクが好んで食べた名物カレーのお店『自由軒』に来ました。開店前になると行列ができていたので驚きました。いかにこのお店が大阪の人々から愛されているかが分かります。席に着き、早速『名物カレー』を注文しました。
千日前の愛進館で京山小円の浪花節を聴いたが、一人では面白いとも思えず、出ると、この二、三日飯も咽喉へ通らなかったこととて急に空腹を感じ、楽天地横の自由軒で玉子入りのライスカレーを食べた。「自由軒のラ、ラ、ライスカレーは御飯にあんじょうま、ま、ま、まむしてあるよって、うまい」と嘗て柳吉が言った言葉を想い出しながら、カレーのあとのコーヒーを飲んでいると、いきなり甘い気持が胸に湧いた。』(夫婦善哉
c0316988_14004090.jpg
 こちらが自由軒の『名物カレー』です。最初に写真を撮るのを忘れていました。玉子の黄身をわりソースをかけてしまってから、写真を撮っていなかったことに気づき急いで撮った写真です。見苦しくてすみません。
 私はカレーに玉子を混ぜて食べたことが無かったので、どきどきしましたが、とても相性がよく美味しかったです。
 店名の『自由軒』は、自由民権運動に因んだ屋号とのこと。
c0316988_14004823.jpg
 店内にはオダサクの写真が飾ってありました。
トラは死んで皮をのこす 織田作死んでカレーライスをのこす
 名言ですね。『自由軒』は初代吉田四一が屋台で洋食屋を初め、明治43年(1910)に楽天地横で開店しました。店内に飾られてあるオダサクの写真は、二代目の店主が貰い受けたものです。

 名物カレーはシンプルでとても美味しかったです。大阪に行ったことはあっても『自由軒』に行ったことがない方は立ち寄ってみてはいかがでしょうか。
 当分の間、オダサクの記事が続きます。

Commented by tarukosatoko at 2015-10-29 16:54
大阪にまで来られたのですね。自由軒にはずっと前に行ったことがありました。最初から混ざっていて、真ん中に卵という、どこにもない不思議メニューですよね。わたしもおいしいと思いました。今でも同じメニューを出しているのは驚きです。近くには織田作之助ゆかりの神社や、飲食店がありましたよ。なつかしいです。
Commented by dazaiosamuh at 2015-10-29 19:49
> tarukosatokoさんは大阪育ちでしたっけ? やはり自由軒に行ったことがあったのですね。自由軒はかなり繁盛していました。雑誌などからも取材が色々来るようです。
先月大阪に初めて行ってきました。初めてだったのでドキドキして、とても新鮮でした。漫才を見たり、たこ焼き食べたり、楽しかったです(専らオダサクのゆかりの地巡りに時間を費やしました。)

by dazaiosamuh | 2015-10-29 14:04 | 太宰治 | Comments(2)