太宰治 魯迅調査のため仙台へ №3 魯迅の階段教室

 太宰は魯迅の調査のため、河北新報社へ資料集めに行ったり、下宿跡等、町を練り歩きました。そしてやはり、魯迅の通った東北大学にも足を運んでいる。
 河北新報社の村上辰雄の案内で、東北帝国大学医学部に行き、医学部の前身、仙台医学専門学校時代のことを加藤豊次郎に聞いたりしたとのこと。

お国はどちらです。」私は余念なく尋ねた。
 相手は奇妙な笑い方をして、私の顔を黙って見ている。私は幾分まごつきながら、重ねて尋ねた。
「東北じゃありませんか。そうでしょう。」
 相手は急に不機嫌な顔になって、
「僕は支那です。知らない筈はない。」
「ああ。」
 とっさのうちに了解した。ことし仙台医専に清国留学生が一名、私たちと同時に入学したという話は聞いていたが、それでは、この人がそうなのだ。唱歌の下手くそなのも無理がない。言葉が妙に、かた苦しくて演説口調なのも無理がない。そうか。そうか。
』(惜別
c0316988_19011113.jpg
 写真が、『魯迅の階段教室』です。中を見学したかったのですが、私が来た時は祝日で、中を見ることはできませんでした。金網越しから、上手く撮りました。太宰もここへ調査に来ているので、『魯迅の階段教室』へも足を運んでいるはず。
『魯迅の階段教室』があるのは、東北大学の片平キャンパス(B05)になります。

君は周君の親友か?」
「いいえ、決して、そんな、親友ではないのですけれど、でも、僕はこれから周さんと仲良くしようと思っていたのです。周さんは、僕なんかより、ずっと高い理想をもって、この仙台にやって来たのです。周さんは、お父さんの病気のため、十三の時から三年間、毎日毎日、質屋と薬屋の間を走りまわって暮らしたのです。そうして、臨終のお父さんを喉が破れるほど呼びつづけて、それでも、お父さんは、死んじゃったんです。その時の、自分の叫びつづけた声が、いまでも耳について、離れないと言っているんです。だから、周さんは、支那の杉田玄白になって、支那の不仕合せな病人を救ってやりたいと言っているのです。それを、それだのに、周さんたちは革命思想の急先鋒だから、一面親切、一面監視だの、複雑微妙な外交手腕だの、そんな事、あんまりだと思うんです。あんまりです。周さんは、本当に青年らしい高い理想を持っているんです。青年は、理想を持っていなければ、いけないと思います。そうして、だから、青年は、理想を、理想というものだけを、……」言いかけて、立ったまま泣いてしまった。
』(惜別
c0316988_19005907.jpg
 見にくいですが、『魯迅先生が学ばれた講義室』と書かれています。
 太宰は、中国の偉大な小説家であり思想家でもある魯迅に強い関心を持っていた。そして、その魯迅を、入念な調査の元、仙台留学時代を中心に描き、本格的な真の文学作品を書こうと決意していた。
 作家太宰治の文学に対する抱負と強い決意が感じられる。

 次回は、仙台城跡(青葉城跡)を載せます。









by dazaiosamuh | 2014-10-31 19:08 | 太宰治 | Comments(0)