遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ
 先月10月27日は読書の日。その読書の日に合わせて、コーヒー豆専門店のやなか珈琲が、なんと、名作文学の『読後感』が味わえるコーヒーとして文学珈琲『飲める文庫』を出した。

 なんでも、やなか珈琲店のカップテスター(コーヒー豆品質の見極め、味を検査する専門職)と、NECの人工知能AIが共同開発し、文学作品に関する1万件以上のレビューをコーヒーの味覚指標(苦味・甘味・余韻・クリア感・飲みごたえ)に変換し、この学習データをもとに分析、作成。対象とした文学作品の読後感をコーヒーの味わいで再現したとのことだ。
そしてその対象の文学作品というのが、島崎藤村「若菜集」、太宰治「人間失格」、夏目漱石「吾輩は猫である」「こころ」「三四郎」、森鴎外「舞姫」の6作品になる。
c0316988_12213397.jpg
c0316988_12215955.jpg
 私は当然『人間失格』を購入。パッケージ裏には、『人を理解することができず、ついに自らに「人間失格」の烙印を押してしまう主人公の物語をコーヒーに。高地産アラビカ種などをベースに、スムーズな飲み口のペルー、スッキリとした苦味のブラジルをブレンド。淡々と語られる人間の弱みを、滑らかな口当たりで飲み易く、質の高い豊かな苦味で表現しました。』と商品説明が記載されていた。

 あの名作『人間失格』の読後感がコーヒーで味わえるとは、よく考えたものだ。しかし、コーヒー通でもなければコーヒーの味にうるさいわけでもない、たいして味の違いの分からない私に、果たして読後感が味わえるのか…、やや緊張の面持ちで飲んでみた。

 うーん、分からない…。美味しいことは言うまでもない。しかし分からない。大庭葉蔵の苦悩が伝わってくるようなこないような…。『人間失格』を読んでいるときの、あの何ともいえない暗澹たる思いも…。

 それにしても、6作品のうち3つは夏目漱石の作品なのはなぜだ。どうせならそれぞれ違う6人の作家から作品をチョイスすれば良かったのに。
 ちなみに、この『飲める文庫』は期間限定で、10月27日~11月30日までとなっており、しかも無くなり次第終了となるので、飲んでみたい方は早めの購入をおすすめします。


[PR]
# by dazaiosamuh | 2017-11-05 12:24 | 太宰治 | Comments(2)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)