遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

<   2017年 03月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 2016年2月18日、作家・津島佑子が亡くなった。肺癌であった。
 父は、太宰治。1947年に津島修治と津島美知子(旧姓・石原美知子)の間に生れた。彼女が1歳の時に、父・太宰治は、三鷹・玉川上水で山崎富栄と心中した。そのため母子家庭で育った。家族は、母・美知子、6歳上の姉・園子、3歳上の兄・正樹、そして佑子(本名・里子)の4人。兄・正樹はダウン症で、佑子が12歳の時に、正樹は肺炎で亡くなっている。
 去年、訃報を知ったときはショックを受けた。いつかお会いしたいと思っていた矢先に、68歳の若さで亡くなってしまった。
 それから約1年、つい最近、書店で『津島佑子 土地の記憶、いのちの海』という本を発見した。
c0316988_20334031.jpg

 作家・津島佑子の魅力、津島文学の魅力が詰まっており、津島佑子と関わった方々が、思い出や印象に残ったエピソードを載せている。また、津島佑子の長女も母への想いや思い出を載せている。
 そして、津島佑子が6年前の東日本大震災により、津波と原発事故で多くの人の命を失い、また自然に多大な被害をもたらしたことに対して、国にすぐさま声をあげたていたことを知り、非常に感銘を受けた。

五年前、東日本大震災が起きた。津波と原発事故で、多くのものが失われた。人の命だけではない。広大な土地と海が汚染され、失われた。母はすぐに声をあげた。友人たちにメールを送って一緒に声を上げようと呼びかけ、集会やデモに参加した。国が間違った方向に進んでいると思ったとき声を上げるのは、母にとって当たり前のことだった。と、同時に母はこの事故の意味を考え始めた。プルトニウム二三九の半減期である二万四千年という時間は、人間からしてみれば永遠に等しく、喪失することができないという新たな恐怖だった。それは、喪失と再生を繰り返してきた人間の想像力をぶち破った、と母は言う。人間がここまで来てしまったのはなぜだろう。その問いを抱えて、母は歴史を遡った。原発事故を起こしてしまった私たちが見失っていたものを、探さなくてはいけないと思ったのだろう。そこに迷いは感じられなかった。

 津島佑子が、震災による原発事故に対して、集会やデモに参加したりなど、こんなにも真剣に真直ぐに国のことを考えていたとは知りませんでした。人の生き方とは、人間社会とは何か、作家として常に冷静に社会と向き合っていたからこそなのだろう。


[PR]
by dazaiosamuh | 2017-03-30 20:36 | 太宰治 | Comments(0)
 前回で太田静子と愛知川の記事を終えたが、沓掛の野田暁春さんから話を色々伺った際、実は、あるCDを頂いたことを思い出した。
c0316988_12422292.jpg
 これは野田暁春さんが、太田静子を偲んで、1987年(昭和62年)に野田さん本人が作曲された曲で、せっかくなら持ち帰って、聴いてみてくださいと言ってくださり頂いたCDだったのです。
 前回、愛知川の記事を終えたときに、このCDを頂いたことをふと思い出し、聴いてみることにしたのだ。
 曲目は、『おもいで1 序奏とフガート』『おもいで2 惜別の悲しみ』『おもいで3 望郷の想いを胸に』『おもいで4 即興的ワルツを古き佳き人に捧ぐ』です。
 
 しかし、いざ音楽プレーヤーで聴こうと思ってセットしたところ、聴けない。あれ?再生されない。CDを取り出し、再度また入れ直してみるも、やはり、聴けない。そこで、PS3を使ってテレビで聴いてみようとしたところ、画面に、『データが壊れています』と表示された。そんな、せっかくもらったのに一度も聴くことなく終わってしまうとは…。貰った時点でデータが消滅していたのか、それとも私の持ち運びが雑で、どこか知らないうちにぶつけて壊れたのか…。無駄だと分かりつつ、パソコンで再生しようとしても、やはり駄目でした。

 愛知川を訪ねてから、半年近く経っている。いまさら連絡して、もう一枚譲ってもらうのは、どうにも図々しく気が引ける。
 ああ、聴いてみたかったなあ…。貰って家に帰ってからすぐ試して、連絡しておけばよかった。





[PR]
by dazaiosamuh | 2017-03-23 12:43 | 太宰治 | Comments(0)
 愛知川での太田静子のゆかりの地は、大雑把だがある程度は回った。そしてこの旅の目的の一つに、太田静子の父・『まんもるさま』こと太田守の墓参りを予定していた。
十数代医師を業としていた太田家の先祖は、大分中津藩の御殿医を務めた時期もあったがその後宇佐で開業した。長崎の医学校をでた祖父・文督の代になって、本家の医者の一家と共に近江へやってきた。それぞれ別の湖東の町で開業したのである。
「日本の一番真ん中で、大水も地震もないところ」というただそれだけの理由で、縁もゆかりもない近江に一家族揃っての移住を決めてしまった。およそ土地というものにこだわりを持つことのない自由な一族のように思われる。…中略…母の父親の太田守は、現在の大阪大学医学部の第一回卒業生だった。「医は仁術なり」という言葉通りの至って温和な性格であった父親のことを、母は「太田まんもるさま」と読んでいた。「守」という名前に、「ん」を付けたのである。』(明るい方へ)

 長篠康一郎著『太宰治文学アルバム 女性編』の中に太田守の墓と共に写る著者の姿が載っている。太田本家の墓はここ愛知川にあるにはずだ。気合を入れて、レンタサイクルで走り回り、太田家跡近辺だけでなく少し離れた墓所などを訪ね、探し回るが、いくら探しても見つからない。まさか、と嫌な予感がしはじめる。これは広島で田部あつみの墓を訪ねたときと同じで、墓はすでに無くなっているのでは? という不安が脳裏をよぎる。
 そこで私は、再び勝光寺を訪ね、住職が何か詳細を知っているかもしれないと思い、在宅であることを祈り、インターホンを鳴らしました。
c0316988_21341960.jpg
 住職の野田暁春さんは在宅で、自己紹介し、太宰治のファンで云々……と、わけを説明し、太田家の墓を知らないか尋ねてみると、私の嫌な予感は、やはり的中してしまいました。
 野田曉春さんの話だと、野田さんが数年前に村の人々と一緒にひさしぶりに太田本家の墓を訪ねると、墓はすでに引き下げられ、その太田本家の墓のあった場所にはすでに全く関係のない別名義の墓が建てられていたそうです。どこか別のお寺に移されたのかと尋ねると、それも今では分からないとのこと。野田さんの話だと、太田守の孫で太田静子の娘・太田治子も、太田本家の墓は分からないようです。数年前に太田治子が愛知川を訪れ、野田さんのもとへ来た時に、墓はすでに無関係の別名義になっていると伝えると、それでもいいから太田本家の墓のあった場所へいって手を合わせたいといい、案内したそうです。
 広島の田部あつみの墓を訪ねた時と全く同じパターンになってしまいました。残念です。しかし、こうして太田静子に小さい頃可愛がってもらった野田曉春さんにお会いすることができて良かった。野田さんは小さい頃、毎日のように太田家へ遊びに行き、可愛がってもらったと懐かしみながら話してくれました。蓄音器でクラシックを聴いたことがとても印象深く思い出に残っていたそうです。この蓄音器でクラシックを聴いたエピソードは、太田静子の娘・治子著『明るい方へ』の中にも載っていた話だったのですが、直接本人から聞くことができて非常に嬉しかったです。さらに野田さん曰く、愛知川沓掛で、太田静子に直接あったことのある人間で、現在現存するのは自分だけだと思う、と仰ってました。非常に貴重な人物で、お会いできて良かった。
 野田さんが、近所で太田家と親しかった方の家があるから、後でそこに行けば何か分かるかもしれないといい、名前と場所を教えもらい、いざ訪ねてみましたが、やはり墓所は分からないようでした。


 残念ながら太田守、太田本家の墓はなくなっていた。しかし、娘・治子が書いた本に母・静子の墓所が書かれていたので、少なくとも太田静子のお墓のあるお寺は分かります。あとでお墓参りに行きたいと思います。
c0316988_21350080.jpg
 今回、太田静子の故郷をざっくりとですが歩いてみました。野田さんを訪ねた際、『沓掛のあゆみ』という本を教えてもらい、野田さんが直接、本の編集元へ連絡し、購入させていただきました。折角購入したので、次回、愛知川を訪れる際は、太田静子の故郷をさらに詳しく調べ、理解し、じっくり散策してみたいです。

 太田静子と愛知川は、これで終わりになります。


[PR]
by dazaiosamuh | 2017-03-18 21:39 | 太宰治 | Comments(0)

 かつて荻窪にあり、太宰治が下宿先として使用し、『人間失格』の元となった『HUMAN LOST』などを執筆した建物『碧雲荘』が、いよいよ大分県由布市湯布院町に来月4月16日オープンする。

 文学に親しむ施設として建てられ、名前は『ゆふいん文学の森』とのこと。熊本地震から約1年、大変な苦難だったと思います。湯布院町『ゆふいん文学の森』に行った際に、余裕があったら熊本にも寄りたいです。東日本大震災から早6年、故郷の岩手県に全国から多くのボランティアや義援金などが送られました。私ができるせめてもの恩返しは、熊本、大分などの土地を訪ね、観光の力になってあげることだと思います。






[PR]
by dazaiosamuh | 2017-03-17 18:50 | 太宰治 | Comments(2)
 愛知川に『しろ平老舗』という和菓子屋のお店がある。創業1865年の老舗銘菓だ。太田静子の『しろ平老舗』の酒まんじゅうに対する苦い思い出が、娘・太田治子著『心映えの記』に記されている。
半世紀も昔、実践女子専門学校家政科一年の母は、夏休みが終って東京に戻る時に、太田きさ様からおまんじゅうの包を手渡された。愛知川でたった一軒の和菓子屋の「しろ平」の酒まんじゅうだった。母はそれを、東京の叔父、叔母に渡すのが恥ずかしくなった。東京には、おいしいケーキや上品な和菓子がいっぱいある。思いきってその包みを、近江鉄道の窓から投げ捨てた。

 なんて罰当たりなことを。そして以外にも大胆な行動に読んでいて驚いた。しかし、その投げ捨てた行動は別として、恥ずかしいという気持ちはよくわかります。東北の田舎で育った私は、毎年お盆に、東京にいる親戚が祖父母の家に遊びに来るたびに、「東京は何でも美味しいものはあるし、遊ぶところも沢山あるし、こんなところに来ても、きっと退屈で辟易してしまうんじゃないかな、などと小さい頃から幼いながらも思っていました。
いけない娘だったわ。今にして思えば、かえって叔父さん、叔母さんは、いなかのおまんじゅうをよろこんだと思うの。ああ、『しろ平』の酒まんじゅうを、もう一度食べてみたい」
 母の、甘い少女のような声が聞こえてきた。
「でも私、おまんじゅうを捨てる時に泣いていた。東京に帰るのが、たまらなく嫌だった。愛知川と別れるのが、かなしかった」
c0316988_21374558.jpg
 その『しろ平老舗』で酒まんじゅうを買って食べるのが、この旅の楽しみの一つだったのですが、いざ訪れてみると、何と定休日でした! 毎度のことながら、事前にちゃんと調べていなかったのがいけなかった。仕方なく次の日に訪れることにしました。
c0316988_21380244.jpg
 翌日、お店に入ることができて安堵するも生憎の雨。しかし傘を差しながらの撮影は、何十回と経験しており、慣れてしまったのでカメラを濡らすことなくパシャリ。
 お店に入り、まずは売り切れる前に酒まんじゅうを註文しました。自分の分と友人へのお土産を購入した後、店の人に太田治子著『心映えの記』に『しろ平老舗』のことが記載されていたが、と話を伺うと、お店の人も分かっており、店内には太田治子著『心映えの記』と『明るい方へ』の2冊(両方ともハード本)が展示されていた。詳しいエピソード等まではないようであった(和菓子を買って帰るだけだからそれほど大きな出来事など起こるはずも無いが)
c0316988_21381487.jpg
 酒まんじゅうについて、太田静子や母・太田きさ様が食べていた当時から現在まで味は変わらぬままなのか伺うと、若干変わっているようです。酒の発酵の仕方などが時代の移り変わりとともに少しだけ変わっているとのこと。昔の方が酒が少し強かったようです。
c0316988_21382132.jpg
 私はまんじゅうが大好きです。お酒も大好きです。その2つが同時に味わえるのだから、こんな贅沢な食べ物はありません。旅行から帰った際、家で、2個だけ食べて、残りはまた後で食べようと思っていたのだが、美味しくて一度食べ出すともはや止まらず、一気に全部食べてしまいました。おかげでこの時は夕飯があまり食べられなかった。

 太田静子は、愛知川を離れて以来、結局一度も故郷の地を踏むことなく天国へ行ってしまったが、ということは『ああ、「しろ平」の酒まんじゅうを、もう一度食べてみたい』という願いも叶わずに終わってしまったということか。

 太田静子と愛知川は、次回で終わりにしようと思っています。

[PR]
by dazaiosamuh | 2017-03-14 20:59 | 太宰治 | Comments(2)
 太田静子が通った滋賀県立愛知高等女学校は、現在の愛知高等学校で以前に記事にした旧愛知郡役所跡のすぐ近くにある。
c0316988_09592178.jpg
c0316988_09594202.jpg
 愛知高等学校は、明治43年4月に愛知郡立愛知実業学校女子部として創立され、大正11年2月に県立愛知高等女学校なった。この女学校時代に太田静子は学校へ通った。そして、昭和23年4月、県立愛知高等学校、翌24年、県立神愛高等学校愛知校舎になるが、昭和26年4月、再び県立愛知高等学校に変更し現在に至っている。学校名に女子部、女学校とあるように、戦前は女子の教育に力を入れていた。平成25年4月には学校内に愛知高等養護学校を開校している。

私の着ている黒いマントは、まんもるさまのものなの。愛知高等女学校時代の学芸会では、菊池寛の『父帰る』の長男役を演じたわ。その時着た背広も、まんもるさまの若い時に着ていたものだった』(明るい方へ)

 男役が以外にも似合う、と娘・治子が書いているが、太田静子の写真をみても想像がつかないが、どんな演技をしたのでしょうね。

 太田静子は愛知高女を卒業後、東京の実践女子専門学校家政科に進んでいく。静子は太宰との間に娘・治子を授かってからは愛知川に帰ることはなかったが、小学校、女学校時代の親しかった友人とは何度か再会、交流を温めており、娘・治子はその母の友人たちから母の思い出話などを聞かせてもらったりなど親しくしている。
c0316988_09595452.jpg
 校舎の外観を撮ったり、校庭をほのぼのと眺め、また写真を撮ったりしていたら、学校の生徒が不審な目で私のことをちらちらと見ては、何やら友達同士で囁きあっており、不審者と思われたらたまらないので、長居は無用とその場をすぐに去りました。(前に青森の合浦小学校で太宰の文学碑を探している時に、小学生たちから不審者呼ばわりされたトラウマがあるので、なるべく不審者と勘違いされるような行動は意識して慎んでいるつもりです)


[PR]
by dazaiosamuh | 2017-03-10 10:01 | 太宰治 | Comments(2)

 ネットでたまたま発見した。イチローが太宰治の名言Tシャツなるものを着ていたとのこと。その名言は、

『笑ワレテ 笑ワレテ ツヨクナル』であったそうだ。
 オレンジ地に白文字で書かれていたそうだ。なぜイチローはこの台詞を選んだのか。原文は、人間失格の元となった『HUMAN LOST』の『笑われて、笑われて、つよくなる』である。
 イチローについてはよく知らないが、太宰治を愛読しているのだろうか。作品、台詞の選定を見る限り、ちゃんと自分で読んで、そこから選び抜いてTシャツをオーダーメイドしたのであろう。

 イチローが太宰治の作品から台詞をチョイスし、わざわざTシャツに刻んで練習に臨んだことは、少し以外な印象を受けた。

[PR]
by dazaiosamuh | 2017-03-05 17:29 | 太宰治 | Comments(0)
 太田静子が幼い頃、『子守の女性と通うお寺の日曜学校で和尚さまから、「ウソをいった者は舌を抜かれて、地獄へおちるのじゃよ」』と言われたお寺は、専光寺で、『勝光寺は、東本願寺の由緒あるお寺である。母が「日曜学校」に通っていた専光寺は西本願寺のお寺であった。愛知川は、浄土真宗の信仰篤い土地柄』として知られているのだった。
c0316988_12033591.jpg
c0316988_12034787.jpg
 現在の専光寺。
 専光寺に地獄絵が掛けられていて、それを見た静子は外へ飛び出したのだった。太宰治の作品「晩年」を読んだ人ならすぐにピンと来るはず、太宰も小さい頃、子守のタケに連れられてお寺へ行き、そこで地獄図絵を見て泣き出したときの話が『思い出』の中に書かれている。
六つ七つになると思い出もはっきりしている。私がたけという女中から本を読むことを教えられ二人で様々の本を読み合った。たけは私の教育に夢中であった。私は病身だったので、寝ながらたくさん本を読んだ。私は黙読することを覚えていたので、いくら本を読んでも疲れないのだ。たけは又、私に道徳を教えた。お寺へ屡々連れて行って、地獄極楽の御絵掛地を見せて説明した。火を放けた人は赤い火のめらめら燃えている籠をを背負わされ、めかけ持った人は二つの首のある青い蛇にからだを巻かれて、せつながっていた。血の池や、針の山や、無間奈落という白い煙のたちこめた底知れぬ深い穴や、到るところで、蒼白く瘠せたひとたちが口を小さくあけて泣き叫んでいた。嘘を吐けば地獄へ行ってこのように鬼のために舌を抜かれるのだ、と聞かされたときには恐ろしくて泣き出した。

 小さい頃、誰もがお寺で一度は地獄絵を見たことがあるのではないでしょうか。私も小学校低学年のときに故郷のお寺で地獄絵を見てぶるぶると震えた覚えた記憶があり、あの地獄絵に描かれた泣き叫ぶ人たちの姿は今でも脳裏に焼き付いています。
c0316988_12035680.jpg
太宰は、大きくなってから小さなウソをつくことが多かった。しかし彼は、一番大切なところではウソをつかなかったと母はいうのだった。自分も静子との間に赤ちゃんがほしいといった言葉を、彼は反故にしなかった。「静子はいい子だったんだ」と頭を撫でてくれた時に、母は太宰から空の上のまんもるさまを感じたという。』(明るい方へ)

 本当に太宰は静子との間に子供が欲しかったのか。静子の妊娠が分かったとき、太宰は友人に「なんて子早い女だ」と言った話などが残っているが、やはり、静子の日記欲しさに、その場の雰囲気、自身のロマンチシズムから赤ちゃんが欲しいといったのではないか。そして結果的に子供ができてしまい、静子からすれば『自分も静子との間に赤ちゃんがほしいといった言葉を、彼は反故にしなかった』となっただけのことではないのか。

 嘘を全くつかずに生きて行くのは難しい。言ってはいけない嘘と言って良い嘘を見極め、適度な嘘を心掛けて円滑な人間関係を作ってやっていかねばならない。難しいものだ。

[PR]
by dazaiosamuh | 2017-03-05 17:07 | 太宰治 | Comments(0)
母は、幼い頃から脈が速かった。小学校に入学してからもしばらくは、そのために運動ができなかったという。その脈が、小学校入学前にますます速まるような事態が起こった。子守の女性と通うお寺の日曜学校で和尚さまから、
「ウソをいった者は舌を抜かれて、地獄へおちるのじゃよ」
 といわれた。幼い母は、絶望的になった。自分はきっと今迄に、ウソをついたことがあったのに違いない。和尚さまが話をなさるお堂には、地獄絵が掛けられていた。血の池や針の山で責められている人たちの姿が眼に入ると、母はワッと声を上げて外へとびだした。日頃まんもるさまから走ってはいけないといわれたことを、忘れてしまった。やみくもに走って、息が切れそうになった。いつのまにか川のほとりへきていた。その川の名前が、「宇曽川」と気付いた母は、あまりの怖さに意識が遠のいていった。』(明るい方へ)
c0316988_13014196.jpg
c0316988_13012041.jpg
 ウソをついた者は地獄へ落ちると聞かされた静子が、怖さのあまり、がむしゃらに走って辿り着いた場所が宇曽川で衝撃を受けた幼い静子であったが、その宇曽川は、運槽川と呼ばれていたものがなまって宇曽川となったようです。名前の通り、昔は人や物資だけでなく重い石なども、この川を利用して運んでいたようで、大きな木材は丸太のまま上流から流していたと記載されています。現在はその役目を終え、疲れをとるかのように穏やかに流れています。

子守の女性が追いかけてきた。
 「ウチがいうたことで、ウソやったことは、みんな、こらえてな」
 息もたえだえに母がそういうと、彼女は母をしっかりと抱き締めた。優しい女性だったのである。母は家に帰ってから、家中の人、一人一人に同じ言葉をいってまわった。
「静子さんがまた、おかしいことをいうてはる」
 お手伝いさんも薬局に勤める女性も異口同音に、そういった。兄の馨もまたかという表情をして、
「静子べったり」
 と一言いった。二歳年上の兄は、いつも妹のことをそのように呼んでいたのである。太田きささまは黙って何故か悲しそうに娘をみつめていた。まんもるさまだけが、
「よし、よし、わかったよ」
 とにこにこ笑って、頭を撫でてくれた。』(明るい方へ)
c0316988_13015706.jpg
c0316988_13023869.jpg
 子守の女性と通ったお寺の日曜学校とは専光寺のことです。愛知川小学校や勝光寺からも近いが、宇曽川まではなかなかの距離がありました。私はレンタサイクルでしたが、結構時間がかかったように思います。なので、小学校入学前の幼い女の子が宇曽川までの距離を息も絶え絶えに走ったことは、それほどお寺の日曜学校で和尚さまから「ウソをいった者は舌を抜かれて、地獄へ落ちるのじゃよ」と聞かされたことが、幼い少女によほど強い衝撃と恐怖であったのだと思います。
 穏やかに流れる宇曽川は琵琶湖まで続いているようです。


[PR]
by dazaiosamuh | 2017-03-01 13:07 | 太宰治 | Comments(0)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)