遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

<   2017年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 太田静子が通った愛知川小学校は、1878年(明治11年)に福山学校として創立された。現在までに5回、改名しており、明治20年・尋常科沓掛小学校、明治23年・愛知川尋常小学校、明治25年・愛知川尋常高等小学校、昭和16年・愛知川国民学校、そして昭和22年に現在の愛知川小学校となった。昭和32年には防火用水を兼ねたプールが完成し、昭和55年に100周年を迎え、鉄筋コンクリート2階建ての新校舎が出来、現在に至っている。それまでは木造建てであった。
c0316988_15180601.jpg
 現在の愛知川小学校、正門を通ると正面に二宮尊徳像(昭和12年建立)がある。

愛知川小学校の入学式の写真の横には、一年生の時の学芸会の写真が貼られていた。「天人の羽衣」の舞台だった。同学年の女組の田中俊子さんは天女、母は漁師の役である。母はつり竿を肩に微かに口を開けて舞台の袖に座り、天女の舞いを踊る愛らしい俊子さんをうっとりと見上げていた。
「私の着ている黒いマントは、まんもるさまのものなの。愛知高等女学校時代の学芸会では、菊池寛の「父帰る」の長男役を演じたわ。その時着た背広も、まんもるさまの若い時に着ていたものだった」
 シモーヌ・シモンに似たファニー・フェイスの母は、意外にも男役がぴったりのところがあったのだった。』(明るい方へ)

 平日とあって子供たちの元気な声が聞こえてくる。太田医院からこの愛知川小学校まではとても近く、子供の足でも徒歩4,5分ほどで着ける。太田静子も元気に通ったのだろう。愛知川郡愛荘町沓掛が発行している『沓掛のあゆみ』に当時の子供たちの遊びが載っている。全国どこを見ても同じような遊びになると思うが、「鬼ごっこ」「かくれんぼ」「缶けり」「野球」「めんこ」「竹とんぼ」「竹馬」「水遊び」「チャンバラ、陣地づくり」「雪遊び」(冬は現在よりも積雪が多かったようです)などである。女の子は、「お手玉」「縄跳び」「お人形さんごっこ」「まりつき」「ゴムとび」「おじゃんめ」など。
 「杉玉鉄砲」というのもあり、『春は雄花(杉玉)を竹につめて飛ばす杉玉鉄砲で遊んだ。』とある。これは初めて聞きました。太田静子はどんな遊びをしていたのでしょうね。
 私も小学校時代、竹馬などで遊んだ記憶がありますが、現在の小学校はどうでしょうか。
c0316988_15181866.jpg
 太田静子が娘・治子を育てるため女手ひとつで身を粉にして働いている時、小学校時代の同級生が静子のもとを訪ねて来た時の話が娘・治子によって書かれている。

寮母になる前、母は十一年間、倉庫会社の食堂の炊事婦をしていた。その食堂に、ある日、立派な着物を着た女性が入ってきた。母はその顔に、ぼんやりと見覚えがあった。母より少し年下の彼女は、小さな女の子の頃、まんもるさまに診察されたことがあった。その昔の女の子が、まんもるさまの娘の母を突然訪ねてきたのだった。
 茶碗洗いの手を休めて白いエプロン姿のまま食堂の裏口にでてきた母をみて、その女性はしばらく声もなかったという。ほとんどまとまった言葉もいわずに、とぶようにして帰ったというのだった。
「あれからしばらく、愛知川では、静子さんが炊事婦してなさるのは本当やった。ウソやなかった、という話で持ちきりどした」
 寮母時代の母に会いにきた愛知川小学校時代の母の同級生がいった。それまでは、娘時代の母を知っているだれもが、母がそのような仕事についているとは信じていなかった。ミニ・スカートをひるがえして愛知川の畦道を自転車で突っ走るモダン・ガールである一方、静子さんにはどこか箸を持ち上げるのも危うそうな、か弱い姫君の感じがあったからだと、寮母の母を前にしてその友だちはいうのだった。』(心映えの記)

 恵まれた子供時代を過ごしたのとは対照的に、太宰治と出会い、娘・治子を産んでからというもの、生きていくために、いかに太田静子が苦労したかがうかがえる。苦労し故郷の愛知川に1度も帰ることなく死んでいった太田静子を、太宰は空の上からどう見ていたのだろうか。


[PR]
by dazaiosamuh | 2017-02-24 15:23 | 太宰治 | Comments(0)
 太田医院跡の通りを挟んで向かいに勝光寺というお寺がある。太田静子はよくこのお寺で遊んだ。
通りの向かいは、勝光寺というお寺である。お寺の奥さんの野田はるゑさんに母は、妹分として、ずいぶん可愛がっていただいたという。』(母の万年筆)
c0316988_13130893.jpg
 現在の勝光寺。現住職の野田暁春(のだぎょうしゅん)は、前述の野田春江の長男。太田静子は『幼い時に彦根の女学校に通っていた姉の芳子さんが肺の病でなくなり、小学校に入るとまもなく今度は妹の槙枝ちゃんが当時日本にも猛威をふるったスペイン風邪で急死した。兄一人と弟二人に囲まれて、女の子は母一人だけになってしまった』ため、小さい頃、7歳上の野田春江を実の姉のように慕っていた。その野田春江の長男で現住職の野田暁春もまた太田静子と親しかった思い出の人物の1人である。春江に可愛がってもらった太田静子であるが、逆に春江の長男・暁春を静子は可愛がったという。その話などが太田治子著『明るい方へ』の中で書かれている。
暁春さんは母のことをとても大切そうに話して下さるのだった。
「太田先生のお家は、別世界のようにキラキラして感じられました。三千坪近い敷地には紅白の蓮池があって、それぞれボートが浮かんでいたように思います。洋風のガラス張りの玄関を入ると、ピカピカに磨き込まれた廊下が長く続いていました。その南側の奥に、静子さまのお部屋がありました」
(中略)
「レコード鑑賞の後は、決って紅茶とケーキをいただきました。当時は、このあたりのどの家でもケーキを食べることなど考えられませんでした。まことに夢のようでした。」
 ケーキも、京都迄買いにでかけたのだろうか。私は、声を上げて泣きたくなった。あまりにも恵まれた少女時代を送った母と、私の知っている倉庫会社の食堂で働き詰めだった母はどうしても結び付かなかった。
c0316988_13143361.jpg
 太宰治との間に子供を産んだ太田静子は世間から冷たい目で見られる中、女手ひとつで娘・治子を育てるために身を粉にして定年まで働き続けた。精神的にも肉体的にも、故郷愛知川に帰って来る余裕がなかった。
 娘・治子とは逆に、恵まれた少女時代しか記憶にない野田暁春からすると、『静子さまがどんなにか苦労されたというお話を聞いても、私にはどうしてもそのお姿が浮かんでこない』のであった。しかし、『静子さまは、今日の私の恩人です。音楽の道に進んだのは、静子さまとの出合いがあったからです』とまるで太田静子本人に向かって話ているかのように、娘・治子に聞かせるのであった。

 実は私も愛知川を訪ねた際、野田暁春さんにお会いし話を伺いましたが、その時の話は後ほど記事にしようと思います。



[PR]
by dazaiosamuh | 2017-02-20 13:17 | 太宰治 | Comments(2)
私、今、愛知川のことを考えていたの。夜の闇にまぎれて、愛知川の駅におりて、太田医院の跡をひと目、みてくるのもいいなと思ったの

 太田静子は晩年、このように言っていた。時が経てば経つほどその思いは強くなっていったが、24歳で上京してから死ぬまでの45年間、ついに故郷をみることなく病気で亡くなってしまった。母に代わって娘・太田治子が故郷を、そして太田医院がかつてあった跡地を訪ねている。
c0316988_15012533.jpg
 ここがかつて太田医院のあった場所で、現在は別の医院が建っている。太田静子が一目見たかった跡地である。娘・治子はここを訪ねどう感じたのでしょうか。太田家について、娘・太田治子が『母の万年筆』の中で述べている。
太田家は、十数代医師を業として、大分中津藩の御殿医も務めていた。それが、母の祖父の文督の代になって、本家の医者、謙吾一家と共に、縁もゆかりもない近江に引っ越してきたのである。文督は、長崎の医学校で勉強したが、おしゃれが好きな怠け者だったらしい。
 しかしその息子の守、つまり母の父は、いたって真面目、そのために本家の、父のイトコに当たる謙吾からも可愛がられていた。
 大分中学から大阪府立高等医学校(後の阪大医学部)を卒業した守は、同じ村の庄屋の生まれのキサとの間に、長女芳子をもうけた。ほどなく、日露戦争に軍医として応召、除隊後、すでに謙吾が開業していた滋賀県愛知郡愛知川町からほど近い、東押立村大字僧坊というところに開業した。そして謙吾一家が長浜に移ると、そのまま愛知川の医院を引き継いだ。
 大正二年生まれの母は、その愛知川の家で生まれた最初の子だった。
c0316988_15011327.jpg
母の父を、「まんもるさま」とよその人のように呼んでいた母は、二歳年上の兄の馨のことも、「インチョウさん」と呼んでいた。インチョウさんとは、「院長」のことなのだった。まんもるさまが昭和十三年に病死すると、長兄の馨が太田医院の院長となった。ところが、二代目はまもなく東京にでてしまい、愛知川の太田医院は消滅したのである。あのままインチョウさんが愛知川にいてくれたらよかったのだと、母はよく愚痴ともつかぬことをいっていた。』(心映えの記)

 随分変わった呼び方をするなと読んでいてつくづく感じました。さらに太田静子は、母・キサのことを「太田きさ様」とフルネームで呼んでいたという。しかし、娘・治子も『孫の私(治子)が写真でみても、太田きさ様にはそういう威厳といったものが感じられるのだった。』と書いている。
 ためしに私は、自分の母親をフルネームの様付けで呼ぶ姿を想像してみましたが、どうにも滑稽で思わず吹き出してしまった。
 そんな威厳を感じさせる母・太田きさとは対照的に、父・太田守はとても優しかった。その時のエピソードがある。
家中の人が母の顔をおかしいという中で、まんもるさまだけが、
「静子ちゃんは、赤いばらのようだ」
といってくれた。
 まんもるさまは、母にいつも優しかった。小学校に上がる前、お寺の日曜学校で和尚さんから、”ウソをついたら、地獄へいって、エンマさんに舌を抜かれる„ときかされて急にこわくなった母は、家中の一人一人に、”今まで、うちのいったことで、ウソやったことは、こらいてな„と、頭を下げてまわった。だれもが、”静子さんがまた、おかしいことをいうてなはる„といって笑った。しかし、母は”わかりました„という答えが返ってくるまでは、執拗にあやまって歩いた。太田きさ様は、あきれたように母をみつめていた。大きくうなずきながら母の頭を撫でてくれたのは、まんもるさまだけだった。』(心映えの記)

 何とも可愛らしいエピソードですね。太田静子は、母・きさ様が声を上げて笑うのを、一度も聞いたことがなかったという。これらのエピソードなどを見ると、静子の母・きさは、どこかとても冷たい印象を受ける。

 しばらく太田医院の跡地を眺めていると、なぜか小さいころの太田静子の楽しそうな笑い声が聞こえてくるような気がしました。


[PR]
by dazaiosamuh | 2017-02-16 15:04 | 太宰治 | Comments(0)
c0316988_12312553.jpg
通りを少し歩くうちに、木組みのしっかりした古い木造の建物にぶつかった。大正時代の旧愛知郡役所庁舎だということだった。私はわが家の古いアルバムの中の母の愛知川小学校入学式の写真を思い出した。あの集合写真のバックに写っている小学校の建物によく似ていた。大正八年の入学式である。母は、当時としては珍しい男女組の一年生だった。男の子は、着物姿の中に二人だけ学生服の子がいた。着物に袴姿だった。その中で母だけが七福神の「大黒さま」のような毛糸の帽子をかぶり、大きな衿の「小公女」さながらのワンピースに麗々しく真珠の首飾りをつけているのだった。いかにも、珍妙なスタイルである。
「私はこんな格好をさせられるのが、嫌で仕方がなかったの」
 すべては、当時日本郵船の欧州航路に勤めていた太田きささまの弟の純一叔父のフランスみやげだった。』(明るい方へ)
c0316988_12311444.jpg
 母・太田静子の故郷を歩いた娘・治子が目にしたこの旧愛知郡役所は1922年(大正11年)5月に竣工し、郡役所として活用されたが僅か4年後の1926年(大正15年)に廃止となっている。活用されたのは僅か4年程であった旧愛知郡役所であるが、その後様々な役割を経、さらに保存活用などを巡る議論などが近年まであったが、竣工当時から姿は全く変わることなく今に至っており、非常に貴重である。
 2016年2月、愛荘町がJAから土地建物を入手する契約が結ばれた。2017年度末に改修工事が完了する予定。

 太田治子は古いアルバムの母の通った愛知小学校を思い出しているが、当然、現在は愛知小学校の建物は木造ではない。旧愛知郡役所は活用された時期等が短いこともあって、木造のまま今にいたることができたのではないでしょうか。そのまま役所として利用されていれば、老朽化にともない取り壊し、建て直しにあっていたかもしれません。
 この郡役所は、全国でもかなり希少とのこと。

 太田静子も東京へ出て来るまでの20代半ばまで、何度もこの建物を目にしていたはず。太田静子が実際に目にした数少ないゆかりの建物である。私にとってはそれだけで十分価値のある建物だ。

[PR]
by dazaiosamuh | 2017-02-12 12:34 | 太宰治 | Comments(0)
母のふるさと愛知川は、琵琶湖の東にある。東海道線の米原駅から単線の近江鉄道に乗り換えて七つ目、彦根の五つ先が愛知川なのだった。娘時代に上京した母は、それ以来四十五年間、ついに一度もふるさとに帰ることなく、逝ってしまった。ふるさとをいつもなつかしがっていた母だったが、なぜか帰りたいとはいわなかった。とにかく、今はまだ帰れないというのだった。
「幼い日、汽車の窓から父と眺めていた鈴鹿山嶺を、私はいつか眺める日がくるだろうか」
 母の死後、のこされた入院中のメモから、そんな言葉をみつけたとき、どうしても母のかわりに近江鉄道に乗りたいと思った。
 母を亡くして翌年の三月、私は生れて初めて母のふるさとを訪ねた。その時は、京都から知人の車でいった。母の実家である太田家の墓にもちゃんと参ったのだが、私はまだ本当に愛知川へいったという実感を持てずにいた。近江鉄道に乗っていないからのように思われた。』(娘・太田治子著 『心映えの記』)
c0316988_17501332.jpg
c0316988_17502747.jpg
 車窓からの長閑な愛知川と愛知川駅ホームのひっそりとした風景。

 太田静子は愛知川から上京して以来、一度も故郷を見ることなく生涯を終えた。そんな故郷を娘・治子が母に代わって歩いている。その様子などが太田治子著『心映えの記』『明るい方へ』『母の万年筆』に書かれている。この3冊をもとに、私も太田静子の故郷を歩いてみました。(2016年10月)

 太田静子は1913年(大正2年)8月18日、滋賀県愛知郡愛知川町沓掛で開業医である父・太田守、母・きさの四女として生まれた。姉は芳子、浜子、幸子の3人、兄・馨、弟は武、通の2人、そして妹に槇枝がいたが、『槇枝は事情あって他家に行き、姉達も亡くなって、女は静子ひとりになっていた。』(太宰治文学アルバム 女性編)
 太田静子と太宰治の出会ったいきさつは、1938年(昭和13年)5月、父が死去しそれにともない母子2人で実弟のいる東京へ転居し、弟・武と同じ東芝に勤めている同僚の計良長雄と知り合い、それが縁で同年11月に結婚。しかし夫婦生活は長くは続かなかった。翌年の1939年(昭和14年)11月に女児満里子を出産するが、生まれつき身体が弱く生後まもなく肺炎で亡くなってしまう。1940年(昭和15年)2月に協議離婚している。
 太田静子は満里子に対して申し訳ない気持でいっぱいで苦しい日々を過ごした。その頃、文学に熱心であった弟・通が太宰治の作品をすすめてきた。『虚構の彷徨』であった。その中の『道化の華』のある文章が、静子の心を揺さぶった。
われはこの手もて園を水に沈めた
 静子は、私と同じ想い、同じ痛みを知る人がいる、同じ罪の意識を背負った人がいる、と居ても立ってもいられなかった。それから間もなく、静子は自分の作品と手紙を太宰に送った。すると思いがけず太宰の方から『どうぞおあそびにいらしてください』といった内容の返事がきた。この返事に静子は喜んだという。しかし、1人で訪ねる勇気はなく、年下の文学少女を2人連れて太宰宅を訪ねた。この時が太田静子と太宰治が初めて接触した瞬間であった。
 これがきっかけでその後、太宰の方から誘うようになり2人の関係は近づいていく。
c0316988_17504532.jpg
c0316988_17503691.jpg
 現在の愛知川駅。天気も良く、清々しい気持になります。ゆかりの地を効率よく歩くのに毎度定番のレンタサイクルを活用しました(贅沢だけど電動自転車)
 太田治子は、太宰治生誕100周年の2009年にも愛知川を訪れています。
新幹線で米原にでて、そこから在来線の近江鉄道に乗り換えた。トコトコと近江の野原を走り抜ける二両編成の列車に揺られて愛知川駅まで、およそ五十分近くかかった。小さな愛知川駅には、駅ギャラリーができていた。
 改札口をでて、いざくもり空の下を歩きだすと、まばらに並んだ古い木造の家々のひとつひとつがほのかに笑いかけてくるような気がした。こののどかさに、どこかで出会ったことがあると思った。
 私の生まれた下曽我であることに気付いた。「ここは、いいところだ。夢のようだ」。太宰治は昭和十九年の一月、初めて下曽我駅をおりた時にしきりにそのようにいったという。もし愛知川駅におりたとしても、同じ言葉をいうのに違いないと思った。』(明るい方へ)

 太宰治の愛人として周囲から冷たい目で見られた太田静子ではあるが、その娘である治子もまた、愛人の子供、という印象を持たれ辛い時期を過ごしたに違いない。そんな娘・治子は、ここ愛知川を訪ね、複雑な心境を胸に母・静子と父・太宰治に想いを馳せている。

 今回から太田静子と愛知川を書いていきたいと思います。

[PR]
by dazaiosamuh | 2017-02-07 17:58 | 太宰治 | Comments(0)
 今日、会社の同僚たちと上野鈴本演芸場に寄席を観に行った。受付で1日の演目の記載されたパンフレットを受け取り会場の席に着いたのだが、パンフレットは普段ほとんどみない。というのも、寄席にはまりだしたのは最近のことで、落語や登場するマジシャンなどは全く分からないため、パンフレットを見たところで名前と顔が一致しないのだ。
 そして、いざ前座から始まり、1人目の落語も終わり、早くもマジックの披露となったとき、奇術を行う2人の女性が、『しょうきょくさい』と名乗ったため、『しょうきょくさい? あれ、どこかで聞いたな』とよくよくパンフレットを見ると、『松旭齋』とある。あっ、と思った。松旭齋門下だ! 鎌倉で太宰治と心中し果てた、田部あつみが憧れた松旭齋天勝の門下だ。
 初めて松旭齋のマジックを観ました。帽子の中から何個も目覚まし時計を出したり、大量の銀の輪を一瞬にして繋げたり、外したり…、はたまた絵本に描かれたキャンディーを本の中から出したりなど、堪能させてもらった。正直、目新しいマジックではないが、ついこの前まで田部あつみの記事で、松旭齋天勝のことを書いたこともあったので、とてもわくわくしながら見ました。会社の同僚たちは、『しょうきょくさい? 知らないなあ』という感じで、ただぼーっと見ているだけでした。

 まさか見られると思っていなかったので、嬉しかったです。
 今日登場したのは、松旭齋美智・松旭齋美登の二人組でした。松旭齋美智の方は、二代目松旭齋天勝の弟子とのこと。あつみが憧れたのは初代の松旭齋天勝です。両親が反対せず、弟子入りが叶っていれば、今頃、それなりに名の通った奇術師になっていたはずだ。
 いつか門下の方々に松旭齋天勝(初代・二代目など)について話を伺う機会があれば、聞いてみたいです。

[PR]
by dazaiosamuh | 2017-02-04 21:57 | 太宰治 | Comments(2)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)