遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

<   2016年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 昭和2年(1927)4月、太宰治(本名・津島修治)は旧制弘前高等学校(現在の弘前大学)文科甲類に入学した。第一志望は第一高等学校であったが、得点の面で叶わず、第二志望の弘前高等学校となった。第二志望といっても、弘前高校は秀才たちが集うエリート高校であった。
 文科甲類1年1学級41名中、成績上位から並べた席次で第14席であった。当時の官立高校の席順は、成績順である。
c0316988_13491915.jpg
 現在の弘前大学で当時、太宰治こと津島修治が通った旧制弘前高等学校跡になります。当時、弘前通学者以外は寮生活をする規則となっていたが、幼少時からルーズで病弱であった太宰の身を案じて、母・たねが「病弱の為」と偽って入寮させず、遠縁にあたる弘前市富田新町にある藤田豊三郎方(後ほど紹介します)に寄宿させたのであった。

 弘前高校は左翼活動の盛んな学校の一つで、当時、バンカラな風を吹かす生徒が多いなか、太宰は通学では編上靴に新調のマントで周りから変わり者として見られていた。入学当初は比較的規則正しい生活を送っていたが、芥川龍之介の自殺に衝撃を受けたり、歌舞伎や義太夫に凝り、同人雑誌の創作など、自分の世界を作り上げていく。その反面、英語の授業では英作文の才能を発揮し、外国人教師を驚かせたりもした。
c0316988_13493094.jpg
 太宰と共に弘高時代を過ごした友人に大高勝次郎という人がいる。
私が津島修治を知ったのは昭和二年四月、弘前高等学校(旧制)文科一年に入学したときのことであった。(略)津島が学校近くの親類筋の家に泊っていて、そこを根城に小説を書いたり、義太夫の女師匠の許に通ったり、青森、浅虫へ芸妓買いに通ったり、芥川龍之介に心酔し、その自殺に衝撃を受けたりしていたことを私が知ったのは二年になってからのことであった。』(太宰治の思い出

津島と井伏氏との密接な関係は人の知るところであるが、高校時代の津島の口から、一番多く出るのは、芥川龍之介の名であった。芥川の病的な鋭い神経、懐疑、革命の風潮に対する恐れを含んだ関心、自殺癖、等に対して、津島は深い共感を感じていたように思われる。幼いときから津島は身体が弱く不眠症に苦しみ、睡眠剤を用い、鋭利な神経や感受性をもて余していた。人間や世間に対する深い懐疑の店においても、津島は少年にしてすでに芥川と同じ道を歩いていたように思われる。だが、彼等の異常に鋭敏な感受性、狂的なまでに繊細な神経や体質は、当時の私には理解に苦しむものであった。』(太宰治の思い出

 太宰が学生時代、芥川のポーズを真似た写真は数枚残っており、出版物やネットで確認することができる。いかに太宰が芥川龍之介を敬愛していたかが窺われる。大高勝次郎の『太宰治の思い出』は、太宰の弘高時代を知る上で、とても貴重な資料だ。

 太宰治と弘前は、まだまだ続きます。


[PR]
by dazaiosamuh | 2016-02-25 13:53 | 太宰治 | Comments(0)
 前回の弘前の記事では万茶ンを載せましたが、今回は万茶ンが以前にあった場所です。拡張工事の関係で移転・改装したとマスターが話をしていました。
c0316988_19274583.jpg
 写真の靴の修理、合鍵作成のお店が前に万茶ンのあった場所らしいです。この通りがかくみ小路で、すぐ奥の方に現在の万茶ンがあります。写真のお店のすぐ目の前に万茶ンの看板がありました。
c0316988_19275695.jpg
 よく見ると、看板には手書きで『太宰治来店の店』と書かれていました。3代目マスターが書いたのでしょうか、失礼ながらその大雑把というのか、適当というのか、ささっと書いたその文字に思わず苦笑しました。愛着があっていいですが。

 万茶ンには、お持ち帰り用に『太宰ブレンド』『弘前 スペシャルブレンド』が販売されているので、お店で珈琲を楽しみ、味が気に入った人はお土産に購入するのもいいかもしれません。特に『太宰ブレンド』は自宅で手軽に文豪が飲んだ珈琲を満喫できるので、珈琲と読書が好きな人は喜ぶこと間違いなしです。

[PR]
by dazaiosamuh | 2016-02-21 19:29 | 太宰治 | Comments(0)
 昨日は太宰治の住んだ碧雲荘が大分に移築されることになり、取り壊しの危機を回避でき、喜び舞い上がったが、今日はとても悲しい知らせを受けた。
 こちらも先ほどネットで知ったのだが、太宰治の次女で作家の津島佑子さんが、本日18日午後4時10分、肺がんのため東京都内で亡くなった。68歳だった。
 私は津島佑子さんの小説は何冊かもっていたが、まだ読んでいなかった。太宰のゆかりの地を周ることばかりに夢中で、いつか読んで、チャンスがあればお会いできればいいな、と思っていたのだ。
 まさか68歳という若さでお亡くなりになるなんて、全く思っていなかった。こんなことなら全作品を読破し、お会いしておけば良かったと悔やまれる。一度でいいからお会いしたかった。肺がんだったことなど、全く知らなかった。

 津島佑子さんは、昭和47年3月に太宰治(本名・津島修治)の次女として生れた。その翌年の昭和48年6月に父である太宰は自死。父の記憶は皆無に等しい。
「私にとって親は母だけ。」と言っていたらしい。
 しかし、きっと天国で改めて父・太宰治に会い、談話を楽しんでいるのではないでしょうか。

 若すぎる死が惜しまれます。

 

[PR]
by dazaiosamuh | 2016-02-18 22:50 | 太宰治 | Comments(0)
 ついさっきネットを見たら、『太宰治の碧雲荘が大分・湯布院へ』の見出しが目に飛び込んできた。どうやら移築が決定したようだ。

 太宰治がかつて暮したことのある碧雲荘は、取り壊しが噂されていた。しかし、このたび温泉地で知られる大分県由布市湯布院町に移築されることが17日までに決定したとのことだ。
 その湯布院で旅館を経営する橋本律子さんが解体・移築費用を負担し、交流施設「文学の森」(仮称)として活用するとのこと。

 ほっとした。とりあえずほっとした! まさか大分県に移築されるとは思っていなかった。
 実は前から大分県に移築されるのではないかという情報はすでに入っていたが、半信半疑どころか、私は可能性に入れていなかった。ただの解体ならまだしも、移築となると莫大な費用が掛かる。ポンとお金を出せるものではない。私は正直諦めていた。取り壊される前に見納めしておこうと思い、今月、すでに数回訪れた。いやあ良かった。荻窪にそのまま残すことはできなかったが、今度は新しい土地・大分県で、太宰治の聖地・碧雲荘は生き続けるのだ!!
 少し残念でもあるが、また一つの楽しみができた。大分県に移築されたら、必ず足を運びたいものだ!!

[PR]
by dazaiosamuh | 2016-02-17 18:18 | 太宰治 | Comments(2)
 太宰治が学生時代に通った喫茶店が弘前にある。しかも東北最古の喫茶店で、名前は『土手の珈琲屋 万茶ン』だ。日本で4番目に古い喫茶店らしい。私が『万茶ン』を含めて今回の記事に載せる弘前は、去年の2015年5月に訪れた時の内容です。
c0316988_13314870.jpg
 ここが『万茶ン』です。レトロでお洒落な感じです。創業は昭和4年、土手町のかくみ小路にあります。
c0316988_13320376.jpg
 私が訪れたときは、平日だったこともあり、2人組の若い男性がいるだけでしたが、有名な喫茶店のため多く来店があるようです。私は混むのが嫌なので旅行は平日に休暇を取って出かけます。マスターから色々話を聞くと、店名の由来は『万人(多くの人々)に、万茶(たくさんのお茶)をお召上がりいただいて、多くのお客様に「運」がありますようにと願い、カタカナの「ン」をつけたもの』だそうです。訪れるお客様に対する思いやりが感じられますね。
c0316988_13321463.jpg
 ここには『太宰ブレンド・昭和の珈琲』があり、太宰のみならず、昭和初期の文人達に愛された珈琲を味わう事ができます。現在のマスターは三代目で、二代目店主が残したメモ帳に記載されていたレシピを基に再現されたのが『太宰ブレンド・昭和の珈琲』になります。私もケーキとセットでいただきました。少しほろ苦い珈琲でした。学生時代にこのほろ苦い珈琲を飲みながら、友人たちと談話に耽っていたのでしょうか。

 太宰は弘前高校時代、義太夫に凝ったり、花街を徘徊していた。この『万茶ン』のあるかくみ小路は歓楽街で、太宰曰く、『喫茶店で、葡萄酒飲んでいるうちは、よかったのですが、そのうちに割烹店へ、のこのこはいっていって芸者と一緒に、ごはんを食べることなど覚えたのです。少年はそれを別段、わるいこととも思いませんでした。粋な、やくざなふるまいは、つねに最も高尚な趣味であると信じていました。』(津軽

 店内入口すぐのシャンデリアは創業当時からあるらしく、太宰も目にしたはずであるが、写真を撮るのを忘れていました。おかげでまたここへ来るきっかけができて良かったですが。

 次回も少し『万茶ン』の記事を書きます。


[PR]
by dazaiosamuh | 2016-02-13 13:36 | 太宰治 | Comments(2)
 太宰治の作品『女性徒』を映像化したDVDを発見した。どうやら普通のアニメではないらしい。その名も、『画ニメ』!!
 説明によると、『画ニメとは、アーティストが描いた<画>を軸に、<言葉>、<音楽>を融合させ、作品の可能性を最大限に引き出す新感覚映像コンテンツ』らしい。
 
c0316988_20225714.jpg
 実際に見てみると、正直、新感覚映像とは別段思わなかった。そんなことよりも、私からすると、どこまで原作の世界を壊さずに、上手く省ける部分は省き(もしくは言葉の代わりに映像で表現できるか)、しかも限りなく忠実に再現できるかが、私個人の好みとしては重要な要素になります。
 作中に出てくる言葉は多少の変更等はあるが、ほぼ原作通りのようで特に違和感なく見ることができた。しかし、正直映像はあまり好きにはなれなかったが、私個人の好みの問題なのでしょうがない。
 原作『女性徒』は、もともと太宰治のファンであった有明淑(ありあけしづ)という女性から送られてきた日記を元に書かれた作品で、太宰は女性の気持の分かる人で、女性を主人公にした作品が書けてすごい、などとよく言われるが、名作『斜陽』は太田静子の日記を元に書かれた作品で、今回紹介した『女性徒』もファンの女性の日記をもとに作られているので、たしかに太宰は普通の男性よりは女性の気持に感づきやすく、また女性的な考え方をする人だとも思うが、しかし、ここで知らない人に言っておくが、先ほど述べた通り『斜陽』や『女性徒』のように、太宰が最初から終わりまですべて創作で描いたわけではないのだ。それを差し引いても文の構成や言い回しなどは、私からしたら文句など言えないほどの出来なのは確かだが。
c0316988_20231114.jpg
 原作『女生徒』は、昭和14年4月に「文學界」に発表された。今さらだが、若い女性が主人公で内面的告白として描かれている。男性より女性が読んだほうが楽しめると思う。
きのう縫い上げた新しい下着を着る。胸のところに、小さい白い薔薇の花を刺繍して置いた。上衣を着ちゃうと、この刺繍見えなくなる。誰にも分からない。得意である。
 この誰にも分からない、自分だけのどきどきした楽しみを持っているのは、女性ならではな気がします。(太宰のイラストが描かれたパンツを穿けば、私もドキドキするかもしれません。)
誰かと部屋に坐って話をしている。目が、デエブルのすみに行ってコトンと停まって動かない。口だけが動いている。こんな時に、変な錯覚を起こすのだ。いつだったか、こんな同じ状態で、同じ事を話しながら、やはり、デエブルのすみを見ていた、また、これからさきも、いまのことが、そっくりそのままに自分にやって来るのだ、と信じちゃう気持になるのだ。
 これは私も十代の頃にたまにこういった錯覚というのか、状態になることがありました。二十歳を過ぎてからはないですが。
私たち、こんなに毎日、鬱々したり、かっとなったり、そのうちには、踏みはずし、うんと墜落して取りかえしのつかないからだになってしまって一生をめちゃめちゃに送る人だってあるのだ。また、ひと思いに自殺してしまう人だってあるのだ。そうなってしまってから、世の中のひとたちが、ああ、もう少し生きていたらわかることなのに、もう少し大人になったら、自然とわかって来ることなのにと、どんなに口惜しがったって、その当人にしてみれば、苦しくて苦しくて、それでもやっとそこまで堪えて、何か世の中から聞こう聞こうと懸命に耳をすましていても、やっぱり、何かあたりさわりのない教訓を繰り返して、まあ、まあと、なだめるばかりで、私たち、いつまでも、恥ずかしいスッポカシをくっているのだ。
 このような若い十代、二十代の人たちの考え、悩みは昔も今も不変のようで、私も学生時代あれこれくだらないことで悩み苦しんだが、今を思えばたいした悩みではないことが殆んどだ。しかし、作中にあるように、当の本人からしたら、やはりその瞬間、その時期はとても苦しいことも事実なのだ。十代の学生が人間関係(いじめ)を苦に自殺、というのをニュースでたまに見かけるが、大人になると、そんな狭い世界で悩み、なぜ自殺などするのか、大人になれば自分の意志でやりたいことをやり、辞めたければいつでも辞められるのにと思うが、確かに大人になればそう思ってしまうし、そう思えるようになるのも事実。しかし、やはり苦しいものは苦しいのだ。
 今、携帯電話を持つことが当り前の時代だ。メールの返事が返ってこない、メール、ネットでの書き込みによる苛め、悩みはどんどん増える一方で、一昔前よりも今の十代の若者のほうがシビアで生きにくい時代のような気もする。

 ちょっと話が脱線したが、『女生徒』はじょじょに大人になっていく精神的未完成な若い女性の内面的告白で、しかも的確な表現も多々あり、特に十代に読んでもらえれば、ああ、いつの時代も悩みは一緒なんだ、自分だけではないんだと共感をよび、また、大人でも、そういえば自分もこんな青いときがあったなあ、こんなこと思っていたなあと思い出せる作品だと思います。

 画ニメ自体の紹介にあまりなっていませんが、原作に勝るものはないと言ったら言い訳でしょうか。では、長くなりましたが私が『女生徒』の中でも好きな表現を引用して終わりにします。
眠りに落ちるときの気持って、へんなものだ。鮒か、うなぎか、ぐいぐい釣糸をひっぱるように、なんだか重い、鉛みたにな力が、糸でもって私の頭を、ぐっとひいて、私がとろとろ眠りかけると、また、ちょっと糸をゆるめる。すると、私は、はっと気を取り直す。また、ぐっと引く。とろとろ眠る。また、ちょっと糸を放す。そんなことを三度か、四度くりかえして、それから、はじめて、ぐうっと大きく引いて、こんどは朝まで。


[PR]
by dazaiosamuh | 2016-02-09 20:29 | 太宰治 | Comments(2)
 太宰治が住んだことで知られる碧雲荘は今年4月までに取り壊される予定だそうだ。私がこの碧雲荘の記事を書くのは今回で3回目で、1番多いことになる。逆を言えば、それだけ碧雲荘が貴重で危機に晒されているということでもある。
 先週、久しぶりに荻窪の碧雲荘を訪れると、すでに碧雲荘の周りは取り壊され建物の後ろ姿が露わになっていた。
c0316988_19570981.jpg
 ここには福祉施設が建てられる予定で、そのため工事が進んでいる。しかしながら、今まで見る事の出来なかった建物の後ろ姿を拝見することができるようになるとは、皮肉なことだ。
 果たして、碧雲荘はどのような結末を迎えるのでしょうか。太宰の住んだ、数少ないゆかりの建物は現在ほとんどありません。太宰の一人のファン、一人の読者として是非後世に残してほしいですが、悲観的なことを言わせてもらえば、現在残る可能性は殆ど無いように思われます。しかも取り壊し日は一切公にされないようです。もちろん私も署名もしましたが、効果はほぼ無かったようです。
 私にはただ見守ることしかできません。どんな結果になろうと受け止めようと思います。

[PR]
by dazaiosamuh | 2016-02-04 19:58 | 太宰治 | Comments(2)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)