遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

太宰治と木造 №2 ポプラ並木と津軽富士

木造の町は、一本道の両側に家が立ち並んでいるだけだ。そうして、家々の背後には、見事に打返された水田が展開している。水田のところどころにポプラの並木が立っている。
c0316988_21122343.jpg
『津軽』で太宰が書いている通り、木造駅に降り立つと、目の前に一本の道があるだけだ。そうしてやはり、両側には住宅などの建物が並んでいる。しかし、太宰が訪れた当時はどうだったのか分からないが、随分と廃れた印象を受けた。明らかに人が住まなくなった家々が目に付いた。
 さて、肝心のポプラ並木はどれかと思い周りを見渡すが、ポプラの木を意識して見た事など今までに一度もないので、どれなのかいまいちよく分からず、周辺をうろうろしてしまった。実際は駅を降りて、道路左側の方を見て歩くとすぐに発見できる(私がポプラの木をよく知らなっただけです)。近くで見るには、私有地に入らなければいけなかったため、農作業をしていた年配の男性所有者に許可を得て土地に入り、写真を撮りました。
c0316988_21124319.jpg
c0316988_21123369.jpg
 ポプラの木の写真を撮らせてもらってもいいですかと尋ねると、「植物の調査か何かですか?」と訊かれたので、正直に、太宰治の小説『津軽』に、木造にポプラの木が見事に並んでいる描写があることを話し、それを見たくてきたのだと答えたら、ああ、それでですか!、と太宰治『津軽』の木造に於ける場面を知っているような反応で納得してくれました。その男性が、「ポプラの木は、もともと畑や水田を守るため、暴風・防雪のために植えられたんですよ」と教えてくれました。しかし、近年は老木となり、本数も、数えれるほどに減ってきている。

こんど津軽へ来て、私は、ここではじめてポプラを見た。他でもたくさん見たに違いないのであるが、木造のポプラほど、あざやかに記憶に残ってはいない。薄みどり色のポプラの若葉が可憐に微風にそよいでいた。

 微風に可憐にそよぐポプラの若葉があざやかに記憶に残るほど太宰の心をとらえたほどであったから、当時は、さぞかし沢山のポプラの木が並んでいたのであろう。違う角度からポプラの木を眺めてみたいと思い、周辺を遠回りして裏手側に回ってみたところ、堂々たる津軽富士が目に飛び込んできた。
c0316988_21130366.jpg
ここから見た津軽富士も、金木から見た姿と少しも違わず、華奢で頗る美人である。このように山容が美しく見えるところからは、お米と美人が産出するという伝説があるとか。この地方は、お米はたしかに豊富らしいが、もう一方の、美人の件は、どうであろう。これも、金木地方と同様にちょっと心細いのではあるまいか。その件に関してだけは、あの伝説は、むしろ逆じゃないかとさえ私には疑われた。岩木山の美しく見える土地には、いや、もう言うまい。こんな話は、えてして差しさわりの多いものだから、ただ町を一巡しただけの、ひやかしの旅人のにわかに断定を下すべき筋合いのものではないかも知れない。

 とても天気がよく、風も心地が良かった。晴々とした気持ちになる。『華奢で頗る美人』な津軽富士に見つめられ、なんだか照れ臭いような思いでもあった。
c0316988_21125258.jpg
 見づらいが、ポプラ並木と津軽富士。青空の下、すーっと裾を伸ばす津軽富士と心地よい微風にそよぐポプラの木は、なかなか格別な風景であった。今まで見た津軽富士のなかでも、私は木造から見た津軽富士が一番好きかもしれません。

 さて、太宰が書いている美人の件であるが、町中を、美人はいないかときょろきょろしながら歩くが、まず通行人がほとんどいない。なので感想を述べることができないのが残念である。せいぜい犬の散歩をしている中年の女性か90歳近い老婆ぐらいしか見かけなかった。米は当然美味いであろう。言うまでも無い。

 ちなみに木造のポプラの木は明治13年ごろより植林された。太宰の父・源右衛門(本名・松木栄三郎)は明治4年生まれ。栄三郎が8歳頃にポプラの木が木造に植林されたことになる。『津軽』には書いてはいないが、太宰もきっと、「父もこのポプラの木を見たのだろうな」としみじみ思ったのではないでしょうか。


[PR]
by dazaiosamuh | 2017-07-28 21:18 | 太宰治 | Comments(0)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)