遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

湯布院で生まれ変わった『碧雲荘』 №4 玄関の魅惑のステンドグラス

 
c0316988_11570310.jpg
 碧雲荘は当時、1階が母屋で2階がアパートとして使用されていた。写真の左の玄関が母屋用で、右がアパート用の玄関であった。ここを訪れた際、興奮して当時から使用されている扉や梁などをベタベタさわったりしたが、太宰治と小山初代は主に2階のアパートの一室を使っていたので、母家の方へはあまり来ることはなかったのではと思います。
c0316988_11571835.jpg
 こちらはアパート用の玄関です。太宰治も当然ながら、小山初代や太宰の友人、知人も使った。私がこの玄関で一番目を引いたのは、写真中央上にあるステンドグラスであった。
c0316988_11572907.jpg
 このステンドグラスは私の中である印象が残っていた。昨年の6月頃、碧雲荘の解体が終了し更地となった碧雲荘の跡地を空虚な気持ちで眺め、その後いつも荻窪へ来るたびに寄っていた軽食屋へ行くと、マスターがある雑誌を渡してきた。
 それは朝日新聞出版の6月19日号の週刊朝日であった。マスターが碧雲荘が載ってるよと教えてくれて、中を見ると、少しだけであるが碧雲荘の内部の写真がカラーで載っていた。玄関のステンドグラスが掲載されていたのである。移築を知ったときは、衝撃を受け、日本民家再生協会や碧雲荘の持ち主に直接、中の見学を交渉したが断られてしまったこともあり、碧雲荘の中を写真を撮れなくてもいいから拝見させてもらいたかったと、羨む目でじーっといつまでもこの写真を眺めた記憶がある。そのためにやけに印象に残っていたので、この度、お目に掛かることができて感無量であったのだ。太宰治は100%このステンドグラスを見ているのである。何といっても玄関なのだ、嫌でも目にする。太宰だけではない、太宰の友人知人もみな見ているのだ。楽しかった日も悲しかった日も、晴れの日も雨の日も風の日も。ステンドグラスもまた、太宰治を覚えているのである。

 訪れた方には、是非、このステンドグラスもじっくり見てほしい。


[PR]
Commented by tarukosatoko at 2017-05-17 21:28
風情のある玄関ですね。控えめな色合いのステンドグラスも、いい感じです。
全部が太宰の家だったのではなく、建物の一室が太宰の部屋だったのですね。そういう暮らし、想像すると、今とは人の様子も随分違っていたのでしょうね。
Commented by dazaiosamuh at 2017-05-19 20:40
> tarukosatokoさん、ステンドグラスから差し込み光も、とても絵になるような光景ですよ。
太宰は2階の一番奥の左側の部屋で小山初代と一緒に住んでいました。約7カ月間だったと思います。太宰もまさか自分の住んだことのある碧雲荘が大分県に移築されるとは思ってもみなかったはずです。空の上から感慨深げに見ていることでしょうね。
by dazaiosamuh | 2017-05-12 12:03 | 太宰治 | Comments(2)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)