遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

太宰治と浅虫温泉 №3 太宰治が宿泊した『鶴の湯』

 太宰治が投宿していた宿であるが、今回、私が宿を取ったのは椿館という旅館である。なぜ選んだかというと、HPに『棟方志功画伯も椿館を愛してやまなかったお一人ですが、実は他にも、ここ、椿館を愛していた作家はおりました。皆様もよくご存知の文豪太宰治です。太宰治はこちらに投宿しておりまして、太宰治の母親と姉が当館に湯治をしておりました。』と記載されていたからだ。しかし、書籍などをみると、どちらかというと『鶴の湯』の方が有力な気がする。
c0316988_20323995.jpg
 いつからなのか、現在は『鶴の湯』から平仮名で『つるの湯』となっている。
 では、『太宰治と青森のまち』から抜き取ってみようと思います。重要なので長文になります。
『青雲の街と、その文脈』の題で松村慎三という方が、太宰の短編『思い出』に書かれている『汽車で三十分ぐらいかかって行ける海岸の温泉地へ…』の部分に対して、『海岸の温泉地とは、浅虫温泉(鶴の湯)である』と記載している。あっさりとしか触れていない。しかし、工藤英寿という方は、『鶴の湯と汽車通学』の題で、『私は浅虫から青中の後身である青高へ汽車通学した。しかも太宰が寝泊りしたのは鶴の湯で、私が住んだ椿館別館とは目と鼻の先なのである。(中略)太宰の浅虫からの汽車通学を教えてくれたの「思い出」とともに小野隆祥著「太宰治青春賦」とうい本である。小野隆祥氏は太宰より一歳年下だが、青中と旧制弘高で、太宰の一年先輩だった方で、小野正文氏の令兄である。(中略)「太宰治青春賦」は小野氏の遺稿集で昭和六十二年六月、盛岡・キリン書房から出版された。私は追悼の意を込めて購って読んだのであるが、その本で、青中、弘高時代の太宰についての認識を新たにし、浅虫から太宰が青中へ汽車通学したことも知ったのである。(中略)読んで行って納得が行ったが、ここにもう一人の知人が登場する。それは柴田治三郎氏という東北大学名誉教授である。小野氏は旧友の柴田氏に太宰の浅虫時代のことを問い合わせ、柴田氏の手紙を手がかりに話を進めているのである。柴田氏の手紙の一部を引用させていただくと《津島のことで、ご参考にならないと思いますが、また一つ思い出しました。私が中学三年で休学した年、春の終りから冬の始めにかけて、浅虫で静養していました。私の宿は、”柳の湯„といって、海岸の本通りから山の方へ(小学校のある方へ)曲り、ガードをくぐって、しばらく行き右手にある橋を渡って一寸引っ込んだ所にあります。(中略)ところで私が”柳の湯„に逗留していた年の夏休みに津島修治が姉さん(?)と一緒に”柳の湯„よりも少し山寄りのたしか”鶴の湯„という宿に、しばらく来ていました》
 柴田氏は、さらに続けて書いている。《”鶴の湯„は道路に面していて、主屋の右に、主屋に続いて長屋風につながった数軒の貸部屋が、やはり道路添いにあり、一つ一つ戸口と格子窓がついていました。津島姉弟はそのうちの一軒にいたのです。大金持でも割につましい暮らし方をするものだな、と当時子供心にも感じた記憶があります》《散歩の途上で何度か会ったことはありますが、私は病人でもあり、互いに訪問することはありませんでした。そのころ津島は金木の連中で(?)同人雑誌を出していました。何という標題だったか、思い出せそうで思い出せません……》

 数人の人間が太宰治は『鶴の湯』に泊っていたと証言しています。他の書籍を見ても『椿館』に泊ったとは書かれていないように思います。書籍によっては年譜にも『鶴の湯』に宿泊と書かれていました。もしかしたら私の見落としがあるかもしれませんが。
 それなら『つるの湯』でゆっくり身体を癒しながら、直接聞いてみようと思いました。
 中に入り、さっそく浴場へ行くと先客が2名いましたが、ほぼ私とすれ違いで出て行きました。思っていたほど広くはありませんでしたが、身体の汗をきれいさっぱり洗い流し、湯に浸かりました。洗い場は4カ所だけです。湯船もあまり広くありませんでしたが、40分ほどのんびり身体を癒し、湯を出て、宿の主人に、「ここは太宰治が昔、宿泊したそうですね。」と訊くと、「はあ、どうでしょう。」と曖昧な返事であった。「本に『鶴の湯』に泊っていたと書かれていました」と言うと「はあ、そのようですね…」と面倒くさそうに曖昧な返事をするだけでした。
 何だか少々がっかりであった。せっかく書籍に『鶴の湯』に泊っていたと書かれているなら、もっと堂々と「そうです」と言ってもいいようなものである。口ぶりを見る限り、太宰治のことなどどうでもいいような感じであった。事実、そうなのかもしれない。私のような人間が勝手に、「ここに太宰が泊まったのか!!そうなのか!!」と一人で興奮しているだけなのだろう。そうなると、『椿館』はどうなのだろう。意外にこちらの方がはっきりと、『そうです』と言いそうである。結局よくわからない結果に終わりそうである。
c0316988_20325235.jpg
 そとに出るとまた雪が降っていた。『つるの湯』がある通りには、足湯もあり、『つるの湯』を訪れた時には、親子が足湯に浸かりながら、談話を楽しんでいた。私が『つるの湯』を出た時には、足湯はおろか通りには誰一人として歩いていなかった。寒く寂しい感じがした。
 この日の夜に『椿館』に泊る予定となっているから、『椿館』で同じように訊いてみるしかない。

[PR]
by dazaiosamuh | 2017-04-30 20:36 | 太宰治 | Comments(0)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)