遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

太宰治を知る人!? 西荻窪・アロマフレッシュの店主に会いに行く

 一昨日は林聖子さんの誕生日であったが、昼間、私は友人を無理矢理同行させ西荻窪のある店へと向かった。
 実は、西荻窪にコーヒー豆の輸入自家焙煎店『アロマフレッシュ』を経営している安藤久蔵さんという方がいて、安藤さんがその昔、太宰治と会ったことがあるという情報が入り、その話を伺いに向かったのであった。
c0316988_19491247.jpg
 西荻窪駅北口から友人と雑談しながら進むこと約10分、ちょっと道に迷いつつも辿り着きました。
c0316988_19492534.jpg
『アロマフレッシュ』は、日・水・金曜日のみの営業で、しかも12時から18時までしかお店を開いておらず、店主・安藤さんは自ら自転車で宅配などを行うらしく、お店を空けていることもしばしばということで、お店が開いているか不安な面持ちで友人と向かったのですが、営業していました。一先ず安心して入口を開けると、誰もおらず、テーブルの上に設置された呼鈴のスイッチを押すも反応はなく、友人と二人で顔を合わせては訝しんでいると、お店の人らしい年配の女性が来たので、コーヒーの豆のことや太宰治について、安藤久蔵さんと話がしたく来店した旨を伝えると、「今年のお正月に心筋梗塞にかかってしまった」と打ち明けられました。
 その女性は、安藤さんとどういった関係なのか聞くのを忘れていましたが、たぶん、身内だと思います。無念です。もう少し早く情報を入手し、すぐに伺っていれば、会えたはず。しかも、安藤さんは今まで殆んど病気という病気には罹ったことがない、とその店番の女性が驚きとともに話をしていました。
 安藤さんは、近々リハビリを始めるとのことで、少しでも早く良くなって、元気にまたお店に復帰してもらいたいです。

 一応、ネットで安藤さんと太宰治について載せている情報が少しあったので、載せておきます。
 ・昭和の初めにカフェを知り、通い、そこで太宰治と知り合う。
 ・太宰治の下宿を訪れたことがある。また、彼女と会ったこともある。

 これらについて安藤さんに話を伺いたかったのだ。カフェとはどこのカフェか、荻窪だったのか?銀座か?
 下宿はやはり碧雲荘であろう。とすると彼女とは小山初代のことか。昭和何年頃に出会ったのか?
 他にも聞きたいことは山ほどあったのだが、致し方ない。

 この日は、せっかくなので友人と一緒に生豆を購入し、荻窪の碧雲荘の様子を見て(ほぼ9割無くなっていました)、手頃な喫茶で休み、酒を飲み歩きながら友人は帰途につき、私はその後風紋へと向かったのでした。

[PR]
by dazaiosamuh | 2016-03-18 20:01 | 太宰治 | Comments(0)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)