遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

太宰治が見た佐渡 №9 太宰が泊まった高田屋旅館跡

用事の無い旅行はするものではない。この相川で一泊する事にきめた。ここでは浜野屋という宿屋が、上等だと新潟の生徒から聞いて来た。せめて宿屋だけでも綺麗なところへ泊まりたい。

 昭和15年11月18日、相川で太宰が宿泊した『佐渡』に登場する『浜野屋とは、『高田屋旅館』のことである。こちらも既に太宰治研究家の長篠康一郎によって判明しています。
相川で太宰治が宿泊した「浜野屋」は、現在の佐州ホテルの前身、高田屋である。高田屋は明治二十年の創業で、皇族を迎えたこともある由緒ある格式の旅館であった。』(太宰治 文学アルバム
c0316988_21495604.jpg
 写真はその『高田屋』があった場所で、現在は『佐州おーやり館』になっています。長篠康一郎が訪れたときは佐州ホテルとして営業していたようですが、後に廃業し、佐渡会館内にあった佐渡観光協会相川支部が、2012年4月1日から耐震化のための改装修理が完了した佐州館(現在のおーやり館)に移転したとのこと。

 館内に入り、スタッフに「太宰が昭和15年に宿泊したことがあると聞いてきました。」と言い、中を見学させてもらうことができました。この時、「佐州ホテルの特徴」と書かれた1枚の資料を貰ったので、少し引用させてもらいます。

本館は明治35年に建設され、平成23年度に建物全体の耐震補強及び修繕工事を行った。現在、2階及び3階は内装や天井の仕上げを行わず、当時の躯体や明治期の建物の耐震補強工夫が見学できるようになっている。』とあり、『太宰治が宿泊したころは、「ハマダヤ」とも言っていた。』と記載されていた。
 太宰は『佐渡』の文中で『高田屋』のことを『浜野屋』と変名していますが、、『ハマダヤ』とも呼ばれていたことから、『浜野屋』と書いたのかもしれません。
c0316988_21501015.jpg
c0316988_21502265.jpg
 スタッフの説明を受けながら、2階から3階と見学させてもらいました。見にくいですが、階段の木造の手摺は太宰が宿泊した当時からのものらしいです。もしかしたら、太宰もこの手摺につかまりながら階段を上がったかもしれません。そう思ったら、居ても立っても居られず私はベタベタと手摺を触ってしまいました。
c0316988_21503105.jpg
浜野屋は、すぐに見つかった。かなり大きい宿屋である。やはり、がらんとしていた。私は、三階の部屋に通された。障子をあけると、日本海が見える。少し水が濁っていた。
 写真は、三階の日本海が見える部屋になります。この部屋に太宰は泊まったのかもしれません。何も無いため、がらんとしていた。現在、近隣に高い建物などが建つようになったせいで、海だけを綺麗に眺めることはできない。(太宰が本当に三階の日本海が見える部屋に泊まったのかは分かりません。創作のために、表現上、海の見える最上階を書いたのかもしれません)。

 太宰が泊まった後、昭和20年代に裏手に、大広間や宿泊室などを増築した。佐州ホテルが営業していた当時の写真の載った資料も貰ったのですが、白黒で見にくいため、記事に載せないことにしました。しかし、見学ができますので、太宰が触れたであろう木の手摺や、泊まったと思われる三階の海の見える部屋を見たい方は、是非、自分で訪れて見学してみるのもいいかもしれません。

 次回は、佐渡金山の記事を載せます。


[PR]
by dazaiosamuh | 2015-06-30 22:00 | 太宰治 | Comments(0)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)