遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

太宰治の肉声が残っている!!? 仙台NHK

 仙台での太宰のゆかりの地の記事は前回で、一応、終了になります。しかし、太宰は仙台へ数回来ていて、仙台市内の東一番丁、塩釜方面、松島方面なども色々訪れていますが、私は今回日帰りで仙台に来ていたため、廻ることはできませんでしたので、また次回、訪れる予定です。
 仙台に来た時、私はついでに仙台NHKにも寄った(寄ったと行っても外観を撮っただけである)。ある小冊子に、太宰の肉声について触れていたからだ。
c0316988_12425384.jpg
 これは、青森にある発行所「桜桃のつどい」から出された『桜桃 №29 夏季号』で、「乙乙録(その八)」~太宰の声と祖父の声~というタイトルで、小野正文が載せたもので、こう書かれていた。

私の記憶力の曖昧さと不精ぶりの証明にしかならないが、まめな人たちに期待したいのは、次のことである。
 太宰の録音が仙台のNHKにあればある筈だという点である。(中略)店のラジオから、誰かが、文章を朗読する声が聞えてきた。聞いたことのある声であり、読んだことのある声である。終始聞いたのか、途中からだったか忘れた。太宰治が「思い出」の一節を読んでいたのだとわかった。(中略)東北出身の名士や芸術家の「ふるさとへ寄せる言葉」というシリーズであった。あとで、小冊子になった第二集には太宰の名はなかった。第一集の方に載ったのであろう。
 その方は入手できなかったし、目による機会もなかった。その放送は、たけに聞かせたかったのだが、彼女は聞かなかったらしい、と「津軽」で太宰は書いている。他の人たちは文字通り、ふるさとへ寄せる言葉を録音放送したのに、太宰だけは、自分の作品朗読で間に合わせた。というよりも、まともに自分の感想を述べるのを避ける気持と、自作朗読という彼独特のナルチシズムとからであったろう。それが昭和十X年Y月Z日であったとすれば、情報資料の保存ということで信用のできる仙台のNHKのどこかに、太宰の声は残っている筈である。

c0316988_12430991.jpg
 こちらが現在の仙台NHKです。ついでに中を見学しようかと思ったら、事前の予約が必要なようで見学できませんでした。
 太宰はラジオ放送のことを『津軽』に少し載せています。
四、五年前、私は「故郷に寄せる言葉」のラジオ放送を依頼されて、その時、あの「思い出」の中のたけの箇所を朗読した。故郷といえば、たけを思い出すのである。たけは、あの時の私の朗読放送を聞かなかったのであろう。何のたよりも無かった。

『津軽』に書かれている通り、故郷といえば、自分の子守で母のように慕った、たけを思い出し、そのラジオ放送も、故郷と言えばたけ。つまり、たけに寄せた朗読放送だったのだ。しかし、肝心のたけはラジオ放送を聞いていなかった。
 それと、太宰は人前などで自身の感想等を述べるのはあまり得意ではないようであった。旧制新潟高校での講演の時も、『走れメロス』、『思い出』などの一節を交えながら、しかし、かなり熱を入れてしゃべったらしい。

 そして、肝心の太宰の肉声はというと、私は仙台へ行く何週間か前に、どうせ有力な情報は手に入らないと思いつつ、仙台NHKへメールで問い合わせた。
 質問は、昭和14、15年頃に太宰治が「故郷へ寄せる言葉」と題してラジオ放送をした録音が仙台NHKに残ってるという情報を聞いたのですが、何かありましたら詳しい話を聞かせてもらえないでしょうか、といった感じの内容で質問した。

 すると、数日後、仙台NHKから返信が来ていた。

黒森 富治大 様
 いつもNHKの番組やニュースをご視聴いただき、ありがとうございます。
 折角お問い合わせをいただきましたが、昭和15年頃の仙台放送局での太宰治に関する番組についてですが、大変古い内容であり、当時の担当者も既に退職しておりますので、残念ながら詳細はわかりませんでした。
 あしからずご了承ください。
 今後とも、NHKをご支援いただきますようお願いいたします。
 お便りありがとうございました。


 やはりダメであった。もともと期待はしていなかったが、それでも残念である。
 太宰の肉声は、誰もが聞いてみたいと思っていることだとは思うが、今となっては、もやは太宰の声を聞ける日は、たぶん、やってこないと思います。

[PR]
Commented by 通りすがり at 2016-08-31 03:03 x
初めまして。太宰ファンの40男です。太宰の肉声が残ってるかもしれないということに驚きました。変な話ですが、朝日放送の「探偵!ナイトスクープ」に調査依頼出されてみてはどうでしょうか。相手がNHKなので難しいかもしれませんが、肉声を聞きたいファンはたくさんいると思います。。
Commented by dazaiosamuh at 2016-09-01 20:34
> 通りすがりさん、コメントありがとうございます!
太宰の肉声についてですが、私がNHKとのメールのやりとりをした印象としては、やはり残っていないと思われます。年代が昭和15年頃のことなので…。どれか忘れましたが、「太宰の肉声は残っていない」と書かれている本もありましたし…。
 それとほかの方にも、「太宰の肉声」についてではないですが「探偵!ナイトスクープ」に依頼してみたら、と言われたことがあるのですが、私はあくまで趣味で太宰を調べたり、聖地巡りをしているので、自分の力で調べなければ意味がありません。メディアの力を借りては意味がないのです。
 自分の調査力がないのも確かですが…。
by dazaiosamuh | 2014-11-09 12:47 | 太宰治 | Comments(2)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)