遠い空の向こうへ

tushima.exblog.jp

太宰の他に映画等、色々載せれたらいいなと思っています。

ブログトップ

太宰治 愛着深き船橋時代 №8 太宰が愛した夾竹桃

『玄関の左横に夾竹桃が一本植えられてあった。太宰は私を散歩に連れだす時に、指さして、「夾竹桃だよ。檀君、夾竹桃」
 私の郷家の辺りでは珍しいことも何もない。太宰がどうしてそのように嬉しそうに、又繰りかえし語るのかわからなかったが、太宰の追憶の中に、この木にまつわる思い出でもあったのか?
 太宰は単衣の手織の着流しに、細い竹のステッキを振りながらよろよろとよろけ出た。考えると、夾竹桃には花がついていたように覚えているから、最初に船橋に太宰をたずねていったのは、夏でなくても、初秋であったろう。』(小説 檀一雄)


 太宰は、船橋に転居してきた年の8月に近所から夾竹桃を貰ったようだ。『めくら草紙』の中に書かれていた。
 夾竹桃を欲しがった理由に『隣りの庭の、三本の夾竹桃にふらふら心をひかれた。』と書き、さらに、『つやつやした小造りの顔の、四十歳くらいの婦人がでて来て挨拶した。少しふとって、愛想のより口元をしていて、私にも、感じがよかった。三本のうち、まんなかの夾竹桃をゆずっていただくことにして、私は、お隣りの縁側に腰をかけ、話をした。たしかに次のようなことを言ったと覚えている。
「くには、青森です。夾竹桃などめずらしいのです。私には、ま夏の花がいいようです。ねむ。百日紅。葵。日まわり。夾竹桃。蓮。それから、鬼百合。夏菊。どくだみ。みんな好きです。ただ、木槿だけは、きらいです。』
と書いている。
c0316988_21245190.jpg
 実は、船橋の中央公民館前広場の文学碑のそばに、太宰が植えた夾竹桃は移されていた。旧宅跡の案内板には、「船橋は、太宰文学の飛躍の地であるとともに、生涯の中できわめてゆかりの深い土地の一つである。」(船橋市教育委員会)と書かれていた。太宰の船橋での生活がいかに重要であったかがうかがえる。太宰の作家としての実力は、船橋公認、お墨付きなのだ。
 
c0316988_21245739.jpg
 ところで、夾竹桃とはどんな花かというと、キョウチクトウ科キョウチクトウ属の常緑低木もしくは常緑小高木で、和名は、葉が竹に似ていること、花が桃に似ていることかららしい。元々はインド原産で、日本へは、中国を経て江戸時代中期に伝来したという。特徴は、葉は長楕円形で、両端がとがった形。花は、6月から残暑の頃である9月まで開花する。五弁にわかれ、プロペラ状に曲がる。色は、ピンク、黄色、白など多様の園芸品種がある。
 調べていて少し驚いたことに、この夾竹桃は毒性があるらしい。強い経口毒性があり、野外活動の際に調理に用いたり、家畜が食べたりしないように注意が必要であるとのこと。さらに、花、葉、枝、根、果実すべての部分と、周辺の土壌にも毒性があり、生木を燃やした煙にも毒がある。
 中毒症状は、吐気、嘔吐(100%)、四肢脱力(84%)、倦怠感(83%)、下痢(77%)、非回転性めまい(66%)、腹痛(57%)など。中毒事例も多数あるが、乾燥や大気汚染に強いため、街路樹などに利用されている。
 ちなみに、花言葉は、「用心・危険・油断しない」だそうです。
 それにしても、なんだか少し怖い花ですね。絶対触りたくないです。たぶん、太宰はこの花の特徴など知らなかったと思います。この時期の太宰はパビナール中毒で禁断症状などもありましたが、まさか夾竹桃の影響もあったのでは?、と思ってしまうのは私だけでしょうか。今となっては分かりませんが。

 太宰は、船橋の自宅を引き払うときのことを『十五年間』の中でこう書いている。
『私には千葉県船橋町の家が最も愛着が深かった。私はそこで、「ダス・ゲマイネ」というのや、また「虚構の春」などという作品を書いた。どうしてもその家から引上げなければならなくなった日に、私は、たのむ!もう一晩この家に寝かせて下さい、玄関の夾竹桃も僕が植えたのだ、庭の青桐も僕が植えたのだ、と或る人にたのんで手放しで泣いてしまったのを忘れていない。』

 パビナールで苦しむ太宰の瞳には、夾竹桃の花がとても綺麗に見えたのかもしれません。郷里の青森になくて、珍しかっただけでここまで執着するとは思えませんが、何かしら太宰の心の琴線に触れるきっかけでもあったのか。デビュー作『晩年』の出版をまたぐ時期でもあるため、太宰の心に強く思い出として残っているのかもしれません。

 船橋時代に書いた作品は、主に、「ダス・ゲマイネ」昭和10年10月号の「文藝春秋」に発表、「めくら草紙」は「新潮」昭和11年1月号に発表、「虚構の春」は処女創作集『晩年』に収容された「道化の華」とともに、昭和12年6月、3部曲「虚構の彷徨」として「道化の華」「狂言の神」「虚構の春」の順で構成され、新潮社より刊行されました。

 太宰が愛した夾竹桃は毎年、綺麗な花を咲かせているようです。なごり惜しんだ夾竹桃は、今現在、船橋の公民館前広場のすぐそばで、駅からは徒歩5分以内の場所にあります。この文学碑のそばで、立派に咲く夾竹桃を、太宰は喜んで見てくれていると思います。

 

[PR]
by dazaiosamuh | 2014-03-27 21:38 | 太宰治 | Comments(0)

by 黒森 富治大(くろもり ふじお)